パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

フランス便り

毎年訪れるフランス。パリ、南仏グラース、カンヌ、そしてドゥーヴィルなどの香りの旅日記です。

2018フランス便り1パリ Paris Luxembourg park

昨年はチューリッヒからパリ、アムステルダムと廻ったのですが、まだアップしていなかったパリの秋(いまごろ!)をアップします。犬も歩けば棒に当たる、パリを歩けば、心惹かれる展覧会には必ず出会うものです。

麻の白いカーテン③  南仏便り LINEN MADURA CANNES

麻の白いカーテン③ 南仏便り LINEN MADURA CANNES 「MADURA(マドゥラ)」というお店。南仏カンヌ、Rue d'Antibes(アンティーブ通り)にある。本ブログの「南仏便り」にとっくに書いたと思っていたが、まだ載せた事がなかったので改めて紹介する。 アンティ…

麻の白いカーテン② 南仏便り LINEN MADURA CANNES

麻の白いカーテン② 南仏便り LINEN MADURA CANNES と、いうことで昨日からの続き。6月、南仏カンヌにあるインテリアショップ、MADURA(マドゥラ)で白いLINEN(亜麻)100%のカーテンを買った。 カーテン6枚の合計は15メートル×2.6メートル、6パック。ビニー…

麻の白いカーテン① 南仏便り LINEN MADURA CANNES

麻の白いカーテン① 南仏便り LINEN MADURA CANNES フランスの多くの窓辺によく見かける、ごくあっさりとした白いカーテンが欲しいと思っていた。毎夏、カンヌに来て、このインテリアショップでみるたびに「買って帰ろうかな~でも、荷物がいっぱいになっちゃ…

ガレの花瓶 Charles Martin Émile Gallé

ガレの花瓶。パリのクリニャンクールで2003年に購入。引っ越しをすると、しまい込んでいたものなどを再発見して懐かしいものである。このガレの一輪挿しは、14年前の夏にアシスタントのR子ちゃんと二人でパリに行ったときにみつけたもの。新しいアトリエに飾…

パリ、カンヌ、アムステルダムで毎朝の一服 teaceremony

パリ、カンヌ、アムステルダムで毎朝の一服 teaceremony 『海外だからこそ、健康のためにも毎朝の一服は欠かせない』とはいえその仕込み、かなり大変であった。23日の渡航の中からダイジェスト版、パリから毎朝の一服。 ***** 三日目の朝、今日はいった…

ニース空港からスキポール空港へ NICE to Amsterdam Schiphol

南仏のニース空港から、オランダ、スキポール空港へ。まだ南仏のことも書き終えていないのに、もうすでにアステルダムへ来ている。この日、カンヌを出て車で30分、ニース空港へ。いつも思うけど、シャルルドゴール空港と違って、なんとなくのんびりムード。…

マティス美術館 ニース Henri Matisse

「ハイ!Satori, 今日はピクニックに行かないか?」実はこの月曜日はフランスのナショナルホリデー。5月の末から6月にかけては結構、祭日があったりして、思いのほか仕事にならない。出張前に、オランダの祝日は調べてきたのだけど、フランスのはうっかり忘…

「ルノワールの家美術館」Cagnes-sur-Mer

南仏カーニュ・シュル・メール(Cagnes-sur-Mer)の丘の上、「ルノワール(Renoir)の家美術館」に行く。少女趣味的独善による私的な見解を述べてみたい。特徴的なくちびる、やや扁平な丸い顔、豊かな腰。なぜ後半のルノアールの作品のモデルの顔が似ている…

サント=マルグリット島 (Île Sainte-Marguerite) 南仏 カンヌ 2

フランスのカンヌの沖にあるレランス諸島 (Îles de Lérins) 、サント=マルグリット島 (Île Sainte-Marguerite)。海岸から内陸に入るとそこはまた別世界。おとぎ話の森のような道が続く。明るい光と鳥のさえずりがこだまする中、この乾いた土の道が郷愁を誘…

南仏の車窓から Cannes Nice Monaco 1

「南仏の車窓から」なんて、どこかで聞いたことがあるような・・・。パリのことを半分も書かないうちに、実はもうカンヌに来て1週間になる。この日はモナコへ日帰り。カンヌに滞在し、モナコへ初めて行ったのは2009年だった。常には車で連れて行ってもらうの…

フランス、電子レンジでご飯を炊く方法 how to cook rice

これは電子レンジでご飯を炊くための、樹脂製の炊飯器。少し長い滞在では、ご飯を食べたくなるので、電子レンジ炊飯器を持っていく。海外出張を元気に過ごすためには、やっぱりおうちごはんを中心にすること。それもお米を食べることが私にとっては大事。毎…

パリ 6 ヴァンドーム, リシャールミル Richard Mille

よく晴れて暑い。今日のパリ34度。ヴァンドーム広場にて、リシャールミルのイベント。たまたま歩いていて、ベンツのヒストリーカーが並んでいるところに遭遇。時計ブランド、リシャールミル(Richard Miille)のブティックがヴァンドームに8月2日にオープン…

パリのお花屋さん 5 Florist ①

パリのお花屋さん、ちょっと歩けばすぐお花屋さんがある。素敵なところはたくさんあるけど、ホテルの近く、7区にあるこのお店は新鮮な感じで気になっていた。今はシャクヤクの時期で、山盛りの芍薬(しゃくやく)の花が並ぶ、というより積んである。シャクヤ…

パリ香水美術館 LE GRAND MUSÉE DU PARFUM Paris 4

ここはパリ香水美術館(LE GRAND MUSÉE DU PARFUM)の一室。たくさんの金属球が天井から下がり、規則的に並べられている。まるで空間全体を作品とするかのような表現手法である。この金属の球を回してチャンネルを合わせ耳に当てると、それぞれの言語、10か…

パリのポップアップストアに来ています。【The Japan Store ISETAN MITSUKOSHI】

【The Japan Store ISETAN MITSUKOSHI】 日本の芸術的生活をコンセプトに、"日本の女性を美しくしている"アイテムをそろえたフランス・パリのポップアップストア"Uruwashi Beauté×Bijo;"におかれたパルファン サトリの香水。場所はエッフェル塔近く、「Maiso…

パリの八百屋さん Paris2 le marchand de legmes

パリ最初の記事が、香水でも花関係でもなく、八百屋さんというところがなんか自分でもずれてるっぽい。しかしエッフェル塔を見るよりも、こうした街並みを通るほうがパリに来たなという気分になれる。なんといっても食は大事。今いるホテルの近く、7区のあた…

とりあえずパリについて Paris1

とりあえずシャルルドゴール空港からタクシーでパリに到着して、凱旋門の脇を抜けてエッフェル塔を見ながらセーヌを渡る。初夏のパリは6時でも昼間のように明るい。この時期にしてはパリは思いのほか暑く、ジャケット不要という気温である。昨年はセーヌが洪…

フランスパリ今日から販売開始! Paris ISETAN MITSUKOSHI

【パリのポップアップストア 本日開始!】 ■2017年4月25日(火)~5月27日(土) オープニングイベント 4月27日(木)■主催 ㈱三越伊勢丹@The Japan Store ISETAN MITSUKOSHI Parfum Satori is being found at the Pop-Up store in Paris! 日本の芸術的生活をコン…

おもちゃ,家具,ドールハウス,フランス,蚤の市,

これはかわいい、ドールハウスのミニチュアキッチン!これは火は使えないのかもしれないけど...。フランスの蚤の市で見つけたの。私の子供の頃だったのか、姪の小さい頃だったのかも定かではない大昔、日本で「ママレンジ」という調理器具玩具が売り出されて…

オランダ便り AMSTERDAM②Annindriya Perfume lounge

夏にアムステルダムにプロモーションで行ってから、レポートをアップしようと思いつつ、滞在中は慌ただしく、帰って来てからも忙しすぎて、気がついたらもう半年を過ぎてしまった。その時の気分を思い出しつつ、ようやく書いてみることにした。これは、アム…

さとりと与一のできるまで④完結編 Satori & Yoichi

与一独白。 『あっしがさとりさまと旅を始めてもう8年。 本当にあっという間のような気がしやす。 ずいぶん遠くまで、車を引いて行ったなあ。』 ➤2011年4月 行く春 『さとりさまは気が強いようで、あんがいセンセイティブなところもあるんで。 だからまあ、…

グラース国際香りの博物館の植物園① Les Jardins du MIP

MOUAN SARTOUXの植物園「Les Jardins du MIP」香料植物を集めた植物園だ。ああー私もこんなお庭が欲しいなあ。。東京で新宿御苑に行く代わりに、南仏に来たときは必ずここへ来なければ寂しくてしかたがない。1時間かからずに歩けてしまう小さなお庭だけれど…

カンヌの夜明け Cannes

私のアパルトマンの部屋は、カンヌの港に面したQuai 17番地。ベランダは東向きで、波止場を隔てて反対から朝陽が昇る。ベッドルームはリビングの反対側、西の広場に面しているので、朝、明るくなるのが遅い。そのため、いつも朝陽を見逃してしまうのだが、…

サントノラ島へ一人で渡ってみる③ Cannes Saint Honorat

サントノラ島、海岸沿いの道を歩く。あっちこっち、一人気ままに歩いているので、森に行ったり海に行ったり、引き返したり。奇岩の並ぶこの海岸は海藻がたくさん。まあ、興味のない人にはつまらないかもしれないが、とにかく海藻がたっぷり。なのに、こっち…

サントノラ島へ!一人で渡ってみる② Cannes Saint Honorat

南仏カンヌ、レランス諸島のサントノラ。小さい島だけど、やっぱり内陸はこんな感じ。島を横断する土の道がまっすぐに続く。地図をチラッと見ただけで、ガイドブックとかの予習をしてこなかったので、目的もなく適当に歩く。風はさわやかだけど日差しは強い…

サントノラ島へ!一人で渡ってみる① Cannes Saint Honorat

カンヌの沖にあるレランス諸島の中で、一番大きなセントマルガリータ(サンマルグリット)。前日に7~8人(子連れ)のパーティーで、そのマルガリータ島に連れて行ってもらった。そこはそこで素晴らしかったのだけど、隣にはもっと小さ島があるという。サン…

カンヌのマルシェにて魚を買う Cannes

今回は移動が多く、カンヌからアムステルダム、そしてパリへと3か所を回った。そのたびに3週間分の荷物の入ったスーツケースを荷ほどきして、荷造りしたりで本当に大変。ラボに通ったり、ショップ訪問(&ディナー)などに一日中明け暮れ、アップしたいこ…

カンヌの海岸にて Cannes,

「さとりさま、せっかくフランスにきたっつうのに、なんかあっしの出番少なくありやせん?」「もうー、自分のことだけでいっぱいいっぱいなんだから、お前まで面倒見きれないよ」「ちぇ、観客があっしの登場を待っているっていうのに・・・」「文句を言わな…

セントマルガリータ島③ 海藻のベッド Saint-marguerite island  Cannes

というわけで、セントマルガリータ(サンマルグリット)島で、みんなでランチをすることになった。島の中を歩き、カンヌの町と反対側の海岸に出る。彼らはよく来るので、お気に入りの場所があるようで、「ここだここだ」と言って小さな入り江に降りていく。…

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.