パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

世界の香りの旅

カンヌのお宿、アパルトマン/渡欧X(エックス)日@Cannes

南仏のお宿はカンヌ。個人所有のアパルトマンをお借りしました。 それぞれお化粧室とバスルームのついたお部屋がふたつ。カンヌからは地引由美さんと合流、素敵なルームメイトです。 この日は市内を歩き回り、午後は早めに戻ってお部屋でゆっくり過ごしまし…

南仏のチュベローズ・polianthes tuberosa L./渡欧9日目ー2

カンヌのアパルトマンについた時、1階のテラスの植木鉢に最後のチュベローズが咲いていました。 チュベローズは甘く濃厚な、肉厚の白い花の香りで、クリーミーなラクトニックでややゴムっぽい、ハムのコンソメのゼリー寄せのような塩っぽいにおいもします。 …

冬の国際香水博物館庭園 (Les Jardins du MIP)/渡欧9日目

時期外れのローズ・センティフォリアが咲き残っています。 ここ、グラースにある国際香水博物館の庭園、Les Jardins du MIPは2007年に作られました。設立から12年。私が初めてきた2009年よりも馴染んできているものの、植物園としてはまだ若いです。 開園は4…

匂いの帝王、ルカテュリン&タニアサンチェスさんとランチ/渡欧11日目@アテネ!

11月16日(土)に、「匂いの帝王」ルカテュリンさん&タニアサンチェスさんとギリシャ、アテネでお会いしました! 香水の仕事を始めてからずっと、この日が来るのを待ちわびておりました。。 待ち合わせ場所は、私たちが宿泊したホテルからほど近いギリシャ…

2019フレグランスデザインコンテスト 審査会 渡欧9日目!@グラース Grasse 

第7回になる#パルファンサトリ のフレグランスデザインコンテストのフランス審査を南仏、グラースで行いました。 コンテストの作品は、毎年、日本とフランスで審査会をしています。昨年からはアムステルダムでも2度目の評価会を致しました。 生徒さんたちが…

国際香水博物館に「さとり」の茶壷型香水が収蔵されました!渡欧8日目、南仏グラース

11月13日、香水の都・南仏グラースにある国際香水博物館(MIP=Musee International de la Parfumerie)に当ブランドの代表作である「サトリ -Satori-」の茶壷型香水が収蔵されました。 茶壷型香水は、大沢さとり自身の着想によって作り上げたオリジナルの有田…

ピカソ美術館/渡欧7日目 Antibes

アンティーブの海を背に、ピカソ美術館のテラスにて。 今回の渡仏の大きな目的、「茶壷香水さとり」をグラースの国際香水博物館に収蔵するにあたり、コーディネイトして下さったフレグランススペシャリストの地引由美さんと南仏で合流しました。 翌日のミッ…

カンヌの休日/渡欧6日目Cannes

この日はフランスの祝日。買い物がてら、ぶらっとカンヌの市街へ出てみました。 毎年5月はカンヌ映画祭があり、6月、7月はバカンスシーズンなので、その時期のこの道は車と人で大渋滞。 でも11月のカンヌはオフシーズンで閑散としています。休日という事もあ…

南仏カンヌのマルシェ/渡欧5日目Cannes

アムステルダムからカンヌに到着し、買い出しに行きました。市場はいつも新鮮な野菜でいっぱい。南仏の食の豊かさを感じます。 いろどりやレイアウトなど、お店のワゴンも美味しそうに工夫されているみたいです。 芸術の国フランス、育った街の環境が身近な…

オランダ「アニンドリアパフュームラウンジ」でミズナラローンチ・イベント/渡欧3日目-2@Amsterdam

パルファンサトリの「Mizunara/ミズナラ」が海外で初めてのローンチ。アムステルダムの香水専門ブティック「アニンドリアパフュームラウンジ」で11月8日に開かれました。 海外における、私の香水の7本目のローンチになります。 アムステルダムのイベントも今…

アムステルダムの軽めディナーSimply Fish /渡欧第3夜@Amsterdam

また話はちょっと前後しますが、、、 渡欧前からの無理と長時間フライト、そして私のキャパ的には過密スケジュールだったので、私の胃から「休め」の指令が出ています。 そこで今日は「一人で軽めの夕食を採りたい」とお勧めレストランをターニャさんに尋ね…

アムステルダムで朝食を/渡欧3日目@Amsterdam

アムステルダムのお宿はこんな感じ。到着した日は雨で6度とかなり寒かったのですが、ヨーロッパの石造りの家は温水パネルヒーターでしっかりと暖房されています。 プラス8時間の時差で、夕方にはモーレツに眠くなるのですが、それを過ぎると目が冴えて、結局…

オランダで「2019フレグランスデザインコンテスト 評価会」 渡欧3日目-1@アムステルダム

「2019年パルファン サトリ フレグランスデザインコンテスト」の評価会を、アムステルダムの香水専門ブティック「アニンドリアパフュームラウンジ」で11月8日に行いました。 このたびは13作品がエントリーです。 アニンドリアの社長ターニャさんは、独立系の…

成田からオランダ、アムステルダムへ/渡欧1日目!

ここは成田空港。成田発シャルルドゴール空港行きに乗ってパリでトランジット、アムステルダムへの一人旅です。 今回は7回のフライトです。東京ーパリーアムステルダムーニース(カンヌ、グラース)-チューリッヒ経由でアテネーパリー東京と、慌ただしい16…

チーズフォンデュ/チューリッヒ fondue

東京でも毎日寒い日が続きますね!こんな日はぜひともチーズフォンデュ!

MerryChristmas!

あれよあれよといううちにクリスマスが過ぎ、一年が暮れていきます。皆さまに幸多かれとお祈りいたしております。年末年始の営業日のご案内 2018年12月28日(金)~2019年1月3日(木)までアトリエをお休みさせていただきます。 オンラインのご注文はこの期間も…

番外編・チューリッヒ芸術大学と造形美術館/Zürcher Hochschule der Künste(ZHdK)

今回の講演会主催者であるチューリッヒ芸術大学(Die Zürcher Hochschule der Künste、略称ZHdK)は、チューリッヒにあるスイスで最大の芸術系の大学です。舞台芸術・映画学部、デザイン学部、文化分析・仲介学部、芸術・メディア学部、音楽学部があります。…

チューリッヒ芸術大学講演‐8完結'The Perfumative - Parfum in Art and Design'

チューリッヒの講演に関して長々と書いてきましたが、今回を最終回にしたいと思います。11月8日15時、ようやくチューリッヒの空港からホテルに到着しました。建物はドイツ語圏っぽいですね。招聘(しょうへい)された講演のスピーカーは15名ほど。フロントで…

チューリッヒ芸術大学講演‐学会概要7'The Perfumative - Parfum in Art and Design'とは

「スイスの講演って、何を話したんですか?」「いったいどんな学会なんでしょう?」帰国してから、そんな質問をよく受けます。スイスのチューリッヒ芸術大学で11月8日から10日まで、「芸術とデザインにおける香水」についての学会が開催されました。→学会HP …

チューリッヒ芸術大学講演へ6‐'The Perfumative - Parfum in Art and Design'

いよいよ、シャルルドゴールからチューリッヒにむかう飛行機に乗りました。明日11月9日は講演の本番、ドキドキです。今回は3ヵ国4か所を回り、トランジットも含めて全部で7回飛行機に乗り降りします。空港は構造やシステムがどんどん新しくなるので、前回来…

チューリッヒ芸術大学講演5‐'The Perfumative - Parfum in Art and Design'

話があちらこちら飛ぶのですが、スイスに向かうため羽田を出発しました。 チューリッヒへの直行便はないので、パリ、シャルルドゴールでトランジット。空港近くのホテルで1泊し、翌朝になって目的地へと飛ぶコースです。 2年前に別の航空会社でニースへトラ…

スイス チューリッヒの旧市街 2 /Zurich Altstadt

昨日の続きです。とりあえずの前知識としては、「"Fraumünster(フラウミュンスター教会)"を目指すように」というヴィクトリアさんの言葉のみ。彼女にそのスペルを手帳に書いてもらい、翌朝にはホテルのコンシェルジュに行き方を聞いて、「4番線に乗れ」と…

スイス チューリッヒの旧市街 /Zurich フラウミュンスター 教会

前回からちょっと飛びますが、チューリッヒ(Zurich)の街をご紹介。スイス芸術大学(ZHdK)での講演の自分の出番が終わり、お友達のヴィクトリアさんの講演まで時間があったので、翌日の午前中に旧市街の方へ行ってきました。「シャガールのステンドグラス…

チューリッヒ芸術大学講演4‐'The Perfumative - Parfum in Art and Design'

羽田空港にて、珍しく自撮り。スイスのカンファレンスで講演するために、飛行機に乗るところです。このお話が来たのは今年の2月。ドイツのAnne Kramer(アンヌ・クレマー)博士から、1通のメールを頂いたところから始まります。いわく、「11月8日から11月10日…

スイスのクールなブランド、FREITAG(フライターグ)

スイスのクールなブランド、FREITAG(フライターグ)の本店に行ってきました!トラックの古い幌を使って作った、おしゃれなメッセンジャーバッグで世界的に有名なブランドです。リサイクルから一歩進んだ「アップサイクル」だとか。バッグの持ち手は古いシー…

チューリッヒ芸術大学講演3'The Perfumative - Parfum in Art and Design'

昨日の続きです。スイス・チューリッヒ芸術大学で開かれた'The Perfumative - Parfum in Art and Design' というカンファレンス(学会)に招聘され、そこで講演を致しました。 また、隣のエキジビションルームでも香水を展示しました。 芸術大学の学生さん、…

日本文化の香りと感覚(Scent and Sense in Japanese Culture)@チューリッヒ芸術大学講演2

9th/Nov/2018 スイス・チューリッヒ芸術大学<perfumative>にて講演しました。日本語原文です。結論香水は、目に見えず、形がないからこそポストモダンともいえる芸術になりえると思います。日本の美意識とは、まさに「形のない美」を楽しむということ。今日は、日本の感覚</perfumative>…

京都 慈照寺(銀閣寺) KYOTO⑧

慈照寺(じしょうじ)、いや銀閣寺と言ったほうが通りがよかろう。この記事は12月9日に書きかけたまま、師走の慌しさにそのままになっていた。歳月が飛ぶように過ぎていく。この日、南禅寺(なんぜんじ)から出発して、「哲学の道」をあがりこの慈照寺まで至…

南禅寺から哲学の道 KYOTO⑦

「さとりさま~、京都のもみじが見れてよかったっすね~」12月の初め、南禅寺にて。京都から帰ってきてだいぶ経つので、記憶が薄れつつあるが・・・。この日は午後から和ろうそくの体験教室。その前、午前中に「哲学の道」を歩いて慈照寺(じしょうじ/銀閣…

京ろうそく なかむら 体験教室-4 絵付け Kyoto ⑥Candle

京ろうそく体験教室、「色かけ」に続き「絵付け」。さっき自分で赤い色をつけたロウソクに、上から絵を描いていく。目の前では若い女性の職人さんが、白いロウソクの中央に金色の菊のご紋章を描いている。1輪が16枚の菊のはなびらを、型紙もなしで大きさ…

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.