パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

カンヌの休日/渡欧6日目Cannes

f:id:parfum-satori:20191205190930j:plain

カンヌの休日/渡欧6日目Cannes

 

この日はフランスの祝日。買い物がてら、ぶらっとカンヌの市街へ出てみました。

 

毎年5月はカンヌ映画祭があり、6月、7月はバカンスシーズンなので、その時期のこの道は車と人で大渋滞。

 

f:id:parfum-satori:20191205190948j:plain

でも11月のカンヌはオフシーズンで閑散としています。休日という事もあり、お店はほとんどが閉まっています。

 

f:id:parfum-satori:20191205191001j:plain

昨年は気がつかなかったのですが、可愛い紅茶のお店がありました。

あまり垢抜けすぎず、ちょっとローカルな感じがこの街には合っています。

  

f:id:parfum-satori:20191205191015j:plain

賑やかな時期は喧騒(けんそう)に紛れてしまって、見過ごしていたのかもしれません。

静かな時だからこそ、歩きながらふっと惹(ひ)かれたのでしょう。この紅茶缶のセット、買いたいな~。

 

f:id:parfum-satori:20191205191033j:plain

撮影する私が撮影されていました。

残念ながらこの店も、隣のLeonidasもおやすみです。平日、時間があったらまた来てみたい。

 

f:id:parfum-satori:20191205193246j:plain

オリーブは朝のマルシェで買うのを忘れてしまったので、スーパーで水やチーズ、ちょっとした食料と一緒に買い足しました。

 

私の好きなオリーブは、小粒で種が大きく、塩がきつくないのに、うま味が濃いのです。

パンとチーズ、オリーブ、サーモン、ワインがあればエンドレスに夜を楽しめる、最高のご馳走です。

 

f:id:parfum-satori:20191205192532j:plain

ということで、帰りにお気に入りのサーモン&キャビアのお店「The Compagnie des Saumons & Caviars,  」で、スモークサーモン量り売り(のみ)も購入。 

 

ここは有名なパリのキャビアショップ、ペトロシアン(petrossian paris)を扱っています。

 

f:id:parfum-satori:20191205192551j:plain

キャビアの缶と、黒いボックスの中にみえる白蝶貝のスプーン。

白蝶貝(しろちょうがい)は南洋パールを育てる母貝です。その貝殻を使ったスプーンは金気がなく、キャビアのお味を損なわずおいしくいただけるそうです。

 

こういう店があるというのが、やはり高級リゾート地のカンヌですね。

 

フレンチリビエラ、カンヌの休日でした!

 

 

 

 

2013年、ロングヘアの時代。

parfum-satori.hatenablog.com

 

ニュアージュローズ パルファンサトリ香水のご紹介  

parfum-satori.com

 

 

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.