パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ブランド香水コレクション

1800年代から現代にいたるまで、1000にも及ぶパルファンサトリのブランド香水コレクション。エポックメイキングな香水をご紹介しています。

ドルセーのファンタスティック,D'orsay fantastique,

ドルセーのファンタスティック, D'orsay fantastique,1952年発売の香水。ドルセーの最初の香水は1830年らしい。データベースを見ると、2005年にアンティークショップで購入している。ずっとガラスケースに飾っていたので、未開封なのに底のほうに少ししか残…

ウビガン ケルクフルール Quelques Fleurs_Houbigant

ウビガン(Houbigant),ケルクフルール(Quelques Fleurs),1913年発売の香水。アンティークボトル。ふっくらしたボトルとストッパーが可愛いし、ラベルもノスタルジックな感じで、全体として魅力的。この香水瓶は10年ほど前に購入した。当時はまだアンティ…

ディオール ディオレラ Dior_diorella_1972

☆ 香水名 ディオレラ,(Diorella)☆ 発売年 1972☆ 香調 グリーン・フローラル・シプレ ☆ パフューマー エドモン・ルドニスカ Edmond Roudnitska☆ ブランド ディオール (Dior)ディオレラはミスディオール(ジャンカール+ポールヴァシェ)から固さを抜いてや…

ディオール ミスディオール ディオラマ Miss_dior_diorama

☆ 香水名 Miss Dior ミスディオール ☆ 発売年 1947年 ☆ 香調 シプレ ☆ パフューマー Jean Carles and Paul Vacher. ☆ ブランド DIOR (ディオール) このクラッシックなミス・ディオールは、グリーン・シプレーにアルデヒドの入った硬質でメンズっぽい香り。…

体験講座フレグランス鑑賞会 秋 9月13日(日)Fragrance school

10月開講のフレグランスデザイン講座(9月16日募集締切)受講をご検討の方、フレグランスが好きな方は、フレグランス鑑賞会にお越しください。この夏、大沢がパリでリサーチした、話題の香りや日本未発売の香水、名香といわれる香りをとりまぜながら、ゆった…

夏の香り 香水鑑賞会 5月31日(日)

夏の香りのフレグランス鑑賞会、まだ少しお席がございます。日時:5月31日(日)13:30~15:00(鑑賞会) その後 16:00まで お茶会 費用:一般5000円(税別)/スクール生 3000円(税別)☆要予約 お問い合わせメールでご予約ください。後ほど…

リブゴーシュ(Rive Gauche)イブサンローラン1970,

☆ 香水名 リブゴーシュ,(Rive Gauche)☆ 発売年 1970☆ 香調 グリーン・フローラル・アルデハイド ☆ パフューマー Michel Hy☆ ブランド イブ・サンローラン (Yves Saint Laurent)イブサンローランリブゴーシュは、グリーン・メタリックなフローラルアルデ…

レイマン,L'aimant/コティ,COTY

☆ 香水名 L'AIMANT(レイマン)☆ 発売年 1927年☆ 香調 フローラルブーケ☆ ブランド コティ (COTY)☆ サイズ 14 cm× 8 cm☆ カテゴリ オーデコロン☆ 未開封 L'Aimant は、フランス語の磁力。香りはクラッシックなフローラル・ブーケのコンポジション。

デッチマ Detchema / Revillon 1953

☆ 香水名 Detchema デッチマ☆ 発売年 1953年☆ 香調 フローラルブーケ☆ ブランド REVILLON (レヴィオン)トップはアルデハイドとピーチ、ヒヤシンスやネロリ、やがてジャスミン、イランイラン、ミュゲ、ローズのフローラル、ラストはレザー、サンダル、アン…

ロリータレンピカ, Lolita Lempicka 1997

ロリータレンピカ。アニスとイリスとバイオレット、バニラやアーモンド、ヘリオトロープ。とにかく甘くパウダリーな香りを、ちょっとしたグリーンが引き締めている。グルマンタイプだが、テュレリーミュグレーのエンジェルよりもふんわりした香り。☆ 香水名 …

アンティーク香水ポスター Sirdha ERIZMA paris

昨日に続き、これもパルファンサトリのライブラリーからアンティークの香水本のポスター。Erizma Paris(1885~)というブランドのSirda(1925)という香水。1925年といえばアールデコの時代。これも浮世絵風。このポスターの花は枝垂れ梅だと思うけれど、葉が…

体験:春の香水鑑賞会2015☆ご報告☆

3月1日、パルファンサトリ11階アトリエで、「春の香水鑑賞会&ティーパーティー2015」を開催いたしました。このたびは、ライトオリエンタル・トレンドを念頭に香りをピックアップ。 まずはクラッシックな名香として、ボルドニュイ/ゲランを鑑賞しました。vol…

ドラッガー ノワール DRAKKAR NOIR 1982

☆香水名 ドラッガー ノワール (DRAKKAR NOIR)☆発売年 1982☆香調 フゼアウッディ☆ブランド ギ・ラロッシュ (Guy Laroche)☆意味 黒い海賊船苦みばしった男の香り。頬をよせれば髭(ヒゲ)から匂う煙草とシャボン。

ルル Lou Lou Cacharel

☆ 香水名 ルル (Lou Lou)☆ 発売年 1980年☆ 香調 ホワイトフローラル・クリーミー・パウダリー・スパイシー ☆ パフューマー Jean Guishard☆ ブランド キャシャレル (cacharel)

アルマーニ Armani GIORGIO ARMANI 1982

ジョルジュアルマーニの出したはじめての香水。1982年の香水といえばもう30年も前だから、アンティークとまでは行かなくても昔の香水であることは間違いない。もう廃盤だし。フレッシュなグリーンから、白い花が渦巻くように開き、パチュリモスのシプレーへ…

カーネーションのパウダー Oeillet Fane  Grenoville Perfumes

パリのヴァンヴの市で買った古いパウダー。カーネーションのきれいな絵が書いてある。まだ未使用で、箱もあまり汚れていない。直径6センチくらいの小さなケース。とても気に入っている。帰国後ずっとここにアップしたかったのだが、ようやく写真をとることが…

シスト Cistus ladanifer/ココリコ KOKORICO

シスト Cistus ladanifer/ココリコ KOKORICO この10年、シアー感のある香りが続いたから、逆にシストのような重く強い香りが流行り初めているのかな。 このところ食べ物と植物の話ばかりと言われたので、たまには香料のことも書いてみる。 毎年、500からの…

ニンフェオ ミオ Ninfeo mio

2010年、2011年発売のマス・フレグランスをまとめてみる機会があった。 この2年で発売された200点余りのリストの中から、名前を見ただけで見る気のなくなるものをはずし、50点をチェック、その中で面白かったものを記憶のために書き留めておく。

カルバンクライン CK one 素敵なロマンス

1995年。香料会社で働きはじめたM子さんは、あるパーティーで出会った男性がつけていた香水にハッとする。 当時まだ、日本では売られていなかったカルバンクライン CK one (シーケーワン)は、彼女の勤めていたスイスの香料会社が手掛けた香りだった。

香水撮影で筋肉痛?

その日の午前中は、パルファンサトリのアンティーク香水の写真撮影だった。

ショッキング エルザ・スキャパレリ /Elsa Schiaparelli 1936

ショッキングという名の香水。エルザ・スキャパレリ 1936

Trésor 1953 ランコム トレゾワ

ランコムのトレゾワ(Trésoir) 宝物と言う名の香水 1953年

オブセッション Obsession1985

オブセッション(カルバンクライン)、妄想と言う名の香水。1985。

エスケープ カルバンクライン 1991

エスケープ カルバンクライン 1991 カルバンクラインのエスケープ、1991年。 マリン・オゾンタイプの香水。 エスケープは、過剰なストレス社会から逃げようとする時代を反映してできた香り。 「アメリカの有名キャスターが、富と名声と、シビアなスケジ…

ニューウエスト アラミス  1990

「ニュー・ウエスト」アラミス1990年。マリンノートをコンセプションした初めての香水。

アールデコ、ミラクル(MIRACLE)の香水瓶1924

ミラクル(MIRACLE/Lenthric)、アールデコ調香水瓶。1924年「ミラクル」と言う名前でも、ランコムの「ミラク」じゃない。古い、レンテリックというブランドのものである。レンテリック(Lentheric)は、1795年に婦人帽子店としてはじまっ…

アンティーク香水と本③ 古い処方

古い香水の処方が書かれた、調香師のためのアンティーク本。

アンティーク香水と本② コティのアンブル・アンティーク/ラリック

香水を知らなくても、ラリックと言う名前と、コティのアンブル・アンティークのボトルを見たことのある人は多いと思う。このアンブル・アンティーク(Coty Ambre Antique 1905)の香水は、オポポナックス的なバニリンの甘さの有る香り。…

アンティーク香水の骨董本・パリ

今から10年ほど前、パリの骨董本専門の店で見つけた、アンティーク香水の本。

小説の中の香水②

香り全般はもとより、香水が登場する小説は、あまり多くない。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.