パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

とりあえずパリについて Paris1

20170525パリeffel.jpg

とりあえずシャルルドゴール空港からタクシーでパリに到着して、凱旋門の脇を抜けてエッフェル塔を見ながらセーヌを渡る。初夏のパリは6時でも昼間のように明るい。

この時期にしてはパリは思いのほか暑く、ジャケット不要という気温である。昨年はセーヌが洪水になるほどの豪雨が続き、とても寒い5月だったから、ずいぶんな違いだ。


出発前日は荷造りなどで一睡もせず、フラフラのまま飛行機に乗り、すぐ寝ようと思ったのに今度は目が冴えてなかなか寝られない。しかしながら機内では、ビデオシステムの不調だとかで(全員)映画も見られず、Wi-Fiも接続不可という。(あとでAFよりお詫びのメールが来るというが。。。)仕方なく本を読みながらウトウトして12時間のフライトを終えパリへ到る。

疲れ果て、この日は近所のスーパーで買い物をしただけで早々に爆睡。





20170525パリ窓.jpg


今回はエコールミリテール(陸軍士官学校)付近に宿をとる。16歳の夏に、はじめてパリに来た時以来、エッフェル塔の付近はあまり来たことがない。東京に住んでいても、東京タワーは昔に遠足で行ったきりだしな、とか思ったりする。



毎回、仕事先に近いエリアを選んで、ネットでホテルを予約するので、初めての地区が多い。そのため、自分のいる場所を把握するのにちょっと戸惑う。もちろん地図上ではパリ市内におけるホテルの位置関係はわかっているものの、外へ出て道を歩いていると方向感覚を失ってしまうのだ。犬ではないが、ホテルの周りをうろうろお使いしながら、また、宿に戻って地図を広げ、その日歩いた景色と位置関係を一致させていく。

少しずつエリアを広げていくと、今まで泊まったあたりの道とつながって、ようやく地理が自分のものになる。定宿を決めておけば勝手がわかっていいな、という反面、いつも同じだとなかなか道が覚えられないとも思う。市内ではタクシーを使わず、地下鉄に乗って降りた駅の付近も歩けば、毎年ちょっとずつ体が街を覚えていくような気がして、それは自分の好みに合っている。


しかし、通りから通りへと放射状に延びる道はよく似た景色も多く、万華鏡の中に入ったように混乱することもよくある。城下町だからよそ者にはわかりにくくしているのだろうか。





ネット環境やパソコンのスペックの違いなどで、日本にいるより処理能力が著しく落ちるのは毎回のこと。しかも今回は機械ものから遠ざかろうと思い、小さいノートPCでアプリなど簡易化してきたため反応がより遅い。逆に日本にいるよりも長くパソコンの前にいるような気がしている。

7時間の時差をあっという間に使い果たして今日も寝るのは午前様である。









プチトリアノン(Petit Trianon)

フランス、ヴェルサイユ宮殿離宮、プチトリアノンは情趣あふれる田園風景を愛した王妃マリー・アントワネットがもっとも幸せに時を過ごした場所といわれています。

18世紀のフランス宮廷御用達調香師、ジャン・ルイ・ファージョンが素顔の王妃に捧げた香りをイメージし、また偉大な調香師自身へのオマージュとして、パルファン サトリの"プチトリアノン"が誕生しました。


おそらく彼のアトリエには、たくさんの香料と花々の香りが満ちあふれ、彼の髪や衣服からは、夢見るような香りが漂っていたことでしょう。
極めて優雅な時代に、真実の美を追求した人へのあこがれを、この香りにこめました。やわらかな花々の間に、凛とした横顔が感じられます。

シトラス(柑橘)とヒヤシンスグリーンのフレッシュなトップノートから始まり、ミドルノートにはローズやジャスミンすずらんをはじめとする、当時 の宮廷で好まれたさまざまな花の香りを取りあわせました。白いブーケの清潔な香りは、暖かなサンダルウッドとムスクに変化していきます。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.