パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

南仏のチュベローズ・polianthes tuberosa L./渡欧9日目ー2

f:id:parfum-satori:20191210201448j:plain

南仏のチュベローズ・polianthes tuberosa L./渡欧9日目ー2

 

カンヌのアパルトマンについた時、1階のテラスの植木鉢に最後のチュベローズが咲いていました。

 

チュベローズは甘く濃厚な、肉厚の白い花の香りで、クリーミーラクトニックでややゴムっぽい、ハムのコンソメのゼリー寄せのような塩っぽいにおいもします。

 

夏の暑い時期に嗅ぐと肉感的なのですが、ややひんやりとした空気のためか、この花はセンシュアルの際にいるような魅惑に満ちた香りです。

 

f:id:parfum-satori:20191210201433j:plain

そして、昨日からの続きになりますが、ジャルダンMIP/国際香水博物館庭園 (Les Jardins du MIP)でも咲き残りのチュベローズに会うことが出来ました。

 

最初はリフレッシュして気分よく庭園内を散策していたものの、曇天と風のせいでかなり寒くなってきました。

襟を立てながら、建物に向かって歩いていると、なにやら畑仕事をしている男性が見えます。

 

 

f:id:parfum-satori:20191210203523j:plain同行した由美さん、悦子さんが口々に「チュベローズじゃない?」といって近寄っていきました。

私も後からついていくと、来年のためにチュベローズの畑を手入れしているところでした。

まだ花を咲かせている球根から、無造作に折った1本をプレゼントしてくれました。

 

 

f:id:parfum-satori:20191210201402j:plain

堀上げたチュベローズの球根が、バケツにたくさん入っています。来春まで冬眠ですね。

 

f:id:parfum-satori:20191210201411j:plain

と、思ったら近くに止めてあった庭園用のカートにはさらにたくさんの球根が。

 

f:id:parfum-satori:20191210203514j:plain

仕事とはいえ、こんなかわいい車で庭園内を走ったらとても楽しそう。

 

土に触れ、香りに包まれてするお仕事。

もちろんはたで見るより苦労も多いに違いありませんが、「花を咲かせる、庭を育てる」というミッションに携(たずさ)われるなんて、素敵すぎます!

 

f:id:parfum-satori:20191213190241j:plain

 

手折って頂いたいたばかりのチュベローズ、つぼみがみっしりとついています。

天然香料(アブソリュード)の匂いとはかなり違って、花は柔らかく馥郁とクリーミーです。

 

f:id:parfum-satori:20191213195712j:plain

さとり「まだつぼみながら良い匂いじゃ。」

与一「月下香というそうでやすから、夜はもっと香り立つのでやしょう」  

 

f:id:parfum-satori:20191210203531j:plain

 チューベローズ :リュウゼツラン科 チューベローズ属  学名:polianthes tuberosa L.

 

バラ(ローズ)とは全く無関係で、リュウゼツラン亜科の球根草花です。

 

 

ハナヒラク・メイキングストーリー「処方と香調」

parfum-satori.hatenablog.com

 

「匂いの帝王」が★★★★、世界のニューアコードベスト10入り!

parfum-satori.com

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.