パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

フランス、電子レンジでご飯を炊く方法 how to cook rice

IMG_6818 (640x427).jpg

これは電子レンジでご飯を炊くための、樹脂製の炊飯器。
少し長い滞在では、ご飯を食べたくなるので、電子レンジ炊飯器を持っていく。

海外出張を元気に過ごすためには、やっぱりおうちごはんを中心にすること。
それもお米を食べることが私にとっては大事。

毎日外食では、胃が疲れてしまうから。



アパルトマン(フラット)ならキッチンで簡単なものが作れる。
電子レンジもオーブンも、キッチン道具も一通りそろっているので、かなり凝ったものもやろうと思えば可能である。(ロールキャベツとか、巻きずしとか)

が、自分ひとりの口を賄(まかな)うならご飯にプラスして、近所のスーパーで野菜やらチーズやらオリーブやら、お総菜(そうざい)の一品も買えば素敵なディナー。

あとワイン、カンヌならロゼは絶対。



IMG_6842 (640x427).jpg

お米はあらかじめ、ジップロックに1合ずつ量って日本から持っていくと便利。今回は1Kg(=7合)、つまり7袋のお米を持参。


IMG_6822 (640x427).jpg


陶器の土鍋風のものとか、毎年色々もって来たけど、これが一番軽くて使いやすい。
持ってきた炊飯器は、帰りは地元の知人にあげてしまう。

パリも、カンヌの知人も一渡りしたので、今回はアムステルダムで置いてくる予定。


器の中で直接研いで、水加減をし、30分ほどほとばしておく。

電子レンジは、こちらはそのままではパワーが強いので、
小さいパワーに切り替えて、500w~600wで10分間調理する。


IMG_6824 (640x427).jpg


そしてまた、20分ほど蒸らす。ふたを開ければほら、炊き立てのご飯が。


研いでからできあがりまでは1時間くらいはかかるのだが、プロセスとしてはほぼ待つだけなのでほとんど手間いらず。


今日はちょっとやわらかめだったかな。

IMG_6826 (640x427).jpg

1合で小さいおにぎりが4つできる。
1つか二つを夕食に食べて、残りは冷蔵庫や冷凍庫に入れておく。
使うときレンジで温めて、お弁当に持って行ったり、夜、こ腹のすいたときに食べる。

サランラップはアパートに備え付けてあるものだが、とりあえず最初の日にスーパーに行ったときに買っておくと便利。


IMG_6838 (640x427).jpg

こんなふうに、海苔とみそでおにぎりを頂けば、とっても元気が出ちゃう。

お味噌は鰹節と混ぜて、2センチくらいの味噌玉にしてラップにくるみ、5つも持ってくるだろうか。
お湯をさせばみそ汁になるし、とても便利だ。


IMG_6938 (640x427).jpg

この日は、カンヌの対岸の小さな島にピクニック。チキンと、ゆで卵とシーザーサラダ(ドレッシングは別の小さいジップに)、きゅうり、カシューナッツ。そしておにぎりの海苔はアルミ箔で別に包んでおいて、その場で巻いて食べる。



他にも、
ジップロックに入れたお米に水を入れ、②ぴっちり口をしめ、③そのまま鍋で煮るとご飯が炊ける

という方法もネットで見たことがあるが、まだ試したことはない。



レトルトのご飯も便利だが、持っていくには重いのと、ちょっと匂いが嫌だ。
お米はソウルフード

ご飯の炊ける匂いは、日本人にとってソウルスメルだと思う。




南仏コートダジュールの夜明けや夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む...そんな美しい情景を香りに託しました。

目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。

ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.