パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

カンヌのマルシェにて魚を買う Cannes

20160610マーケット魚.jpg

今回は移動が多く、カンヌからアムステルダム、そしてパリへと3か所を回った。
そのたびに3週間分の荷物の入ったスーツケースを荷ほどきして、荷造りしたりで本当に大変。

ラボに通ったり、ショップ訪問(&ディナー)などに一日中明け暮れ、
アップしたいことは満載なのに一向に進まず、もう日本に帰ってきてしまったのだが、まだカンヌの日々を書いている。


ここは、カンヌ旧市街の市場にある魚売り場。
新鮮な魚が毎日上がってくる。

タラ、タイ、カサゴカマス、etc...手前にいるのはセミエビ。
ウツボやアンコウなんかも売っている。


20160610マーケット魚2.jpg

この日は知人の家にディナーに呼ばれて、なんとなく私が刺身を作ることになった。
日本じゃ刺身なんかめったに自分で作らないけど・・・。

日本人ならみな刺身とか寿司が作れると思っているようだ。


20160610マーケット魚6.jpg


地中海沿岸の人たちは普通に魚を生で食べる。

アンコウが一本売っていた。
いくらなんでも大きすぎるので、それを少し切ってもらった。

日本ではアンコウは鍋にするのが普通だけど、こっちでは生でも全然いけるそうである。

20160610マーケット魚4.jpg


なんといっても、柳葉(やなぎば)包丁がないので、すっぱりと引いて切れない。
よその家のキッチンでモタモタしていたら、肉切り包丁で、のこぎりのように前後に引けと言う。

まあ、外国に来たら「道具がないからできない」とか、「あれがないからダメだ」とか、そんなこと言ってられないのだ。


鮟鱇(あんこう)の柵(さく)の一部を仕方なく、カルパッチョなんだか刺身なんだかわからないようなものにする。
つまは、赤いラディッシュと、エシャロットの大きいようなネギの茎の、青いところを細く切って飾る。

菜っ切り包丁もないので、刃の反ったフルーツナイフで切るため、うまく千切りにならない。

20160610マーケット魚5.jpg



余った刺身の切れ端は、細かく刻んだものをショウガ醤油であえて、のりを上にパラリと乗せて小鉢の出来上がり。

切りたての海苔の香りがよく、日本に帰ったような気分!
日本からは必ず、上等の海苔と味噌と米を持っていく。
海苔は私のソウルフード


10リットルのロゼの紙タンクからワイングラスに注ぎ、氷と水を入れて(南仏では水の代わりにこれを飲む)8時ころから飲み初めて、白、赤と飲み進み、暗くなりはじめる10時になってもまだメインディッシュが終わらない。

12時になって、やっと部屋に帰れるという、南仏の夜が更けていく。







-香りが好きでお仕事したい方を募集中-

現在は募集しておりません。)



弊社は、オーナーであり、調香師の大沢さとりが代表を務める会社です。

 

日本の美、歴史、奥ゆかしさ、そして四季これらをコンセプトに自ら調香、デザイン、オリジナルブランドとして販売をしています。

海外進出も始まり、スタッフを若干名募集しております。

 

○ 香りが好きで興味のある方

○経験者、初めての方、年齢問いません

○語学堪能な方、歓迎いたします。(英語、フランス語、中国語等)

○事務全般、コンパウンドができる方

 

詳細は、面談の折お話しさせたていただきます。

ご興味のある方は、問い合わせメールにて連絡ください。

 https://parfum-satori.com/jp/contact/

(返信メールが届かない場合がありますので、必ず電話番号も記入してください)






➤Face Book フェイスブック Parfum satori パルファンサトリ
https://www.facebook.com/PARFUMSATORI/

Pintarest ピンタレスト 大沢さとり Satori Osawa
https://jp.pinterest.com/satoriosawa/

FRAGRANTICA フレグランチカ Parfumsatori パルファンサトリhttp://www.fragrantica.com/news/The-World-of-a-Japanese-Perfumer-Part-1-an-Interview-with-Satori-Osawa-8146.html


☆「毎朝いただく一服」、お抹茶とお菓子を載せています。
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.