パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

おもちゃ,家具,ドールハウス,フランス,蚤の市,

20170320ドール家具.jpg

これはかわいい、ドールハウスのミニチュアキッチン!
これは火は使えないのかもしれないけど...。フランスの蚤の市で見つけたの。



私の子供の頃だったのか、姪の小さい頃だったのかも定かではない大昔、
日本で「ママレンジ」という調理器具玩具が売り出されていてとても欲しかったわ。。

テレビでも広告してたっけ。

「ママレンジ」は、ちゃんとホットケーキが焼けるのよね。
子供だったら買ってもらえたのに、家になかったのは、発売が少し大きくなった中学生くらいだったのかもしれない。

20170320ドール家具3.jpg

こんなリアルなお鍋セットも、フランスならではなのかしら。
世界中、こういうちっこいものって作られていたのね。

小さなスプーンもあったわよ。
ジノリのティーセットと。

昭和のはじめ、日本はまだ鉄なべとかアルミのゆき平とかを使っていて、ホーロー鍋を使うようになったのはもっと後じゃないかしら。


20170320ドール家具2.jpg

アンティークショップや蚤の市にはこんなかわいいものがあって、それはちっとも役に立たないものなんだけど、やっぱり欲しくなるので、それが人間なんだと思うの。



ねえ、なんか、役に立たないけど愛らしいものって程、純粋に愛されるものってないのよ。
そう思わない?






150403桜の園.jpg


"日本人にとっての「さくら」を作りたい"という思いから誕生した、パルファンサトリのさくら-Sakura-。日本の美意識を香りに託し、丁寧に処方を組みました。明るくみずみずしい花の甘さが、うすべに色のふんわりパウダリーに変化する、匂い袋のような和の花の香りです。
●商品のご案内→http://parfum-satori.com/jp/collection/sakura.html
●パルファンサトリについて→http://parfum-satori.com/jp/about/
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.