パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

パリ 6 ヴァンドーム, リシャールミル Richard Mille

IMG_6507 (640x427).jpg

よく晴れて暑い。今日のパリ34度。ヴァンドーム広場にて、リシャールミルのイベント。

IMG_6520 (640x426).jpg

たまたま歩いていて、ベンツのヒストリーカーが並んでいるところに遭遇。

時計ブランド、リシャールミル(Richard Miille)のブティックがヴァンドームに8月2日にオープンするので、そのためのデモンストレーションのようである。パリでは大きな会社がスポンサーになったイベントをよく見かける。




「最高質のパーツを集めた高度な技術を駆使した、いわば「レーシングマシン」に匹敵するエクストリームウォッチを製造することなのです。」(ブランドウェブページから)http://www.richardmille.jp/about/



リシャールミルは「時計界のFI」というコンセプトだそうだから、このイベントはあえてのクラッシック、ちょっとひねった趣向なのかしら。場所が歴史あるヴァンドーム広場だしね。


IMG_6512 (640x427).jpg




時計のことはあまり詳しくないのだが、リシャール ミルは一流品を集めた某デパートの展示会で見かけたことがある。印象として線が太くダイナミックな感じで、でも、ごつい感じではない。

今までみた時計とすごく違うインパクトがあった。48gのトゥールビヨンなんて信じられない(今はもっと軽いらしい)。

昔は18金などでできていて「重いから高級」なんてイメージもあったけど、いまではそれも野暮ったい。ダイヤがたくさん入っているからいいという考えも、貧しさの裏返しだわね、なんて。

究極の機能やデザインに価値を見出すというのが、数寄者、道楽者なんだろうな。



IMG_6517 (640x427).jpg




IMG_6521 (640x427).jpg


IMG_6522 (640x427).jpg

古いベンツのスポーツカーも素敵だけど、

リシャールミルの時計のデザインでは、ナダル(RAFAEL NADAL)のモデルの中で私はこれが好き。→RM035


犬も歩けば棒に当たるというが、出逢いというのは歩かなければない。
わからないなりに、見るということは刺激になっていいと思う、パリの一日。


Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.