パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

パリ香水美術館 LE GRAND MUSÉE DU PARFUM Paris 4

170527美術館.jpg


ここはパリ香水美術館(LE GRAND MUSÉE DU PARFUM)の一室。

たくさんの金属球が天井から下がり、規則的に並べられている。まるで空間全体を作品とするかのような表現手法である。
この金属の球を回してチャンネルを合わせ耳に当てると、それぞれの言語、10か国語で香りの解説を聞くことができる。
そして同時に香ってくるのである。


IMG_6630 (640x427).jpg


テクノロジーが素晴らしいのはもちろんであるが、やはり圧倒的なデザイン力、構成力に痺れる。。
この真っ白い部屋全体に広がる香りのリズムは、嗅覚以外の感覚...視覚、触覚、聴覚を駆使して訴えかけてくる。

IMG_6578 (640x427).jpg

場所はフォーブル・サントノレ。ホテルブリストルの正面で、エリゼ宮も近い。
観光地ではなく、ひっそりと格のある場所にたつこの香水美術館は、歴史ある建物の中とモダンな館内の対比が素晴らしい。

窓からは初夏の緑の庭が、まるで額縁で切り取られた絵のよう。

IMG_6559 (640x427).jpg

香水にとって、天然香料と等しく重要なケミカル素材をきちんと説明し、世の中の一部にある誤解を払拭。大切なことだと思う。



IMG_6586 (640x427).jpg

ここは香りの庭(Jardin des Senteurs)と呼ばれる部屋で、この白いラッパ状のオブジェは草花を表しているそう。

前に立つとあかりが灯り、香りを放つ。

正直、来る前にネットでこの展示写真を見たときは、奇をてらっているようであまり感心しないと思っていたのだが、美術館全体を通してこの部屋に来ると意味がわかり、この美しさに評価を改めざるをえない。



IMG_6626 (640x427).jpg

圧巻は光と音のインスタレーション

真っ暗い部屋の中には光のオルガンが。内容を話せば興(きょう)をそがれてしまうと思うので、実際に行かれるときのためにここでは明かさない。


IMG_6556 (640x427).jpg

このパリの香水美術館は、グラースにある国際香水博物館(MIP)に比べて小さいし、アンティークな香水のコレクションも少ないけれど、既存の香水展示の概念をはるかに超えている。

香水を並べて香水を説明するのではなく、ここでは美術館そのものが、香水という洗練されたアートを表現している。

ほかのジャンルからの視点がきっと盛り込まれているのだと思う。発展とは常にそういうものだから。



IMG_6659 (640x427).jpg



白亜の、洗練の館にて。5月のパリは素敵すぎる。







プチトリアノン(Petit Trianon)

フランス、ヴェルサイユ宮殿離宮、プチトリアノンは情趣あふれる田園風景を愛した王妃マリー・アントワネットがもっとも幸せに時を過ごした場所といわれています。

18世紀のフランス宮廷御用達調香師、ジャン・ルイ・ファージョンが素顔の王妃に捧げた香りをイメージし、また偉大な調香師自身へのオマージュとして、パルファン サトリの"プチトリアノン"が誕生しました。


おそらく彼のアトリエには、たくさんの香料と花々の香りが満ちあふれ、彼の髪や衣服からは、夢見るような香りが漂っていたことでしょう。
極めて優雅な時代に、真実の美を追求した人へのあこがれを、この香りにこめました。やわらかな花々の間に、凛とした横顔が感じられます。

シトラス(柑橘)とヒヤシンスグリーンのフレッシュなトップノートから始まり、ミドルノートにはローズやジャスミンすずらんをはじめとする、当時 の宮廷で好まれたさまざまな花の香りを取りあわせました。白いブーケの清潔な香りは、暖かなサンダルウッドとムスクに変化していきます。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.