パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

・パリ

2018フランス便り1パリ Paris Luxembourg park

昨年はチューリッヒからパリ、アムステルダムと廻ったのですが、まだアップしていなかったパリの秋(いまごろ!)をアップします。犬も歩けば棒に当たる、パリを歩けば、心惹かれる展覧会には必ず出会うものです。

パリ、カンヌ、アムステルダムで毎朝の一服 teaceremony

パリ、カンヌ、アムステルダムで毎朝の一服 teaceremony 『海外だからこそ、健康のためにも毎朝の一服は欠かせない』とはいえその仕込み、かなり大変であった。23日の渡航の中からダイジェスト版、パリから毎朝の一服。 ***** 三日目の朝、今日はいった…

パリ 6 ヴァンドーム, リシャールミル Richard Mille

よく晴れて暑い。今日のパリ34度。ヴァンドーム広場にて、リシャールミルのイベント。たまたま歩いていて、ベンツのヒストリーカーが並んでいるところに遭遇。時計ブランド、リシャールミル(Richard Miille)のブティックがヴァンドームに8月2日にオープン…

パリのお花屋さん 5 Florist ①

パリのお花屋さん、ちょっと歩けばすぐお花屋さんがある。素敵なところはたくさんあるけど、ホテルの近く、7区にあるこのお店は新鮮な感じで気になっていた。今はシャクヤクの時期で、山盛りの芍薬(しゃくやく)の花が並ぶ、というより積んである。シャクヤ…

パリ香水美術館 LE GRAND MUSÉE DU PARFUM Paris 4

ここはパリ香水美術館(LE GRAND MUSÉE DU PARFUM)の一室。たくさんの金属球が天井から下がり、規則的に並べられている。まるで空間全体を作品とするかのような表現手法である。この金属の球を回してチャンネルを合わせ耳に当てると、それぞれの言語、10か…

パリのポップアップストアに来ています。【The Japan Store ISETAN MITSUKOSHI】

【The Japan Store ISETAN MITSUKOSHI】 日本の芸術的生活をコンセプトに、"日本の女性を美しくしている"アイテムをそろえたフランス・パリのポップアップストア"Uruwashi Beauté×Bijo;"におかれたパルファン サトリの香水。場所はエッフェル塔近く、「Maiso…

パリの八百屋さん Paris2 le marchand de legmes

パリ最初の記事が、香水でも花関係でもなく、八百屋さんというところがなんか自分でもずれてるっぽい。しかしエッフェル塔を見るよりも、こうした街並みを通るほうがパリに来たなという気分になれる。なんといっても食は大事。今いるホテルの近く、7区のあた…

とりあえずパリについて Paris1

とりあえずシャルルドゴール空港からタクシーでパリに到着して、凱旋門の脇を抜けてエッフェル塔を見ながらセーヌを渡る。初夏のパリは6時でも昼間のように明るい。この時期にしてはパリは思いのほか暑く、ジャケット不要という気温である。昨年はセーヌが洪…

フランスパリ今日から販売開始! Paris ISETAN MITSUKOSHI

【パリのポップアップストア 本日開始!】 ■2017年4月25日(火)~5月27日(土) オープニングイベント 4月27日(木)■主催 ㈱三越伊勢丹@The Japan Store ISETAN MITSUKOSHI Parfum Satori is being found at the Pop-Up store in Paris! 日本の芸術的生活をコン…

パルファンサトリの香水 パリにて発売 Paris

Parfum Satori is being found at the Pop-Up store in Paris! 日本の芸術的生活をコンセプトに、"日本の女性を美しくしている"アイテムをそろえたフランス・パリのポップアップストア"Uruwashi Beauté×Bijo;"にパルファン サトリの香水が販売されます。お店…

さとりと与一のできるまで④完結編 Satori & Yoichi

与一独白。 『あっしがさとりさまと旅を始めてもう8年。 本当にあっという間のような気がしやす。 ずいぶん遠くまで、車を引いて行ったなあ。』 ➤2011年4月 行く春 『さとりさまは気が強いようで、あんがいセンセイティブなところもあるんで。 だからまあ、…

足す力、引く技術 adding and subtracting

デザインでも、余分なものをそぎ落としていって残ったものがシンプルで美しい。しかし、それが言えるのは足して足して、てんこ盛りにした経験があってこそ。やっぱり、子供のころは、よりデコラティブでゴージャスなものに魅(ひ)かれたもの。勢いのあると…

パリの教会 St Michel, St. Julien le Pauvre,Square René-Viviani

4時の約束に、シャトレーから歩いてサンジェルマンデプレへ向かう。パリ4時と言えばもっとも暑い時間帯。5キロのリュックと背中の間はぐっしょりと汗に濡れて、頭がぼうっとしてくる。実はもうとっくに日本に帰ってきている。まだフランスの思い出深い写真…

イワシでランチ ビストロヴィヴィエンヌ,BISTROT VIVIENNE

パリ最終日、ヴィヴィエンヌのビストロでランチを食べる。ギャルリヴィヴィエンヌの老舗ワインショップ、LEGRAND Filles et Fils の隣にあって、以前から入りたいと思っていた。「今日のランチメニュー」をざっくり見て、サーディンと書いてあるので注文した…

パリで晩ごはん foie gras&escargot

先週パリへ来てからの毎日は、暑くて集中力が落ちているのか、思うように運ばないこともあったりして、普段の3倍くらいのエネルギーを使う。土曜日にざっと一雨降って以来、朝の温度は少し下がって過ごしやすくなった。さて、この日は仕事が終わって、お部屋…

そしてパリヘ Paris

行きはシャルルドゴールからニースへ飛行機で来たのだが、帰りは近くの駅で下ろしてもらい、TGV(フランス高速鉄道)に乗ってパリへ。チケットは前もってフランスのネットで買った。フィックスなら安いが、行きのエアフラで痛い目にあったので、予約変更可能…

青い花Paris① ニゲラ、霧の中の恋 Palais des Tuileries

ニゲラ。この名前も好きだけど、英名のラブ・インナ・ミスト(love in a mist)はなかなか良い。ふさふさとした羽毛状の葉が青い花を包んで、まさに「霧の中の恋」。クロタネ草ともいう。別名のDevil-in-a-bush はちょっと酷いと思う。花が散った後には、風…

ジャンヌ・ダルク ラ・ピュセル Jeanne d'Arc(la Pucelle d'Orléans)

ジャンヌ・ダルクというとコンサバな感じ。神格化された偶像のようなイメージがある。むしろ、ラ・ピュセル(La Pucelle)という呼び方のほうが軽やかで、意味合いといい音の響きといい、彼女らしい。シンプルな信仰心が、国家という運命の奔流に流れ流される…

パリのパサージュ ギャルリ・ヴィヴィエンヌ Galerie Vivienne

屋根つきの商店街って言ったって?建物の間の小道を繋ぎ、ガラス製の天井をつけた素敵な空間。ギャルリ・ヴィヴィエンヌは1823年に作られた。パサージュの中でも装飾が特にきれいだと思う。連なるアーチと彫刻。古代ローマの壁面装飾とか新古典主義とか、詳…

パリの本屋 Librairie ancienne & Moderne

パリの本屋さん。ここはギャラリーヴィヴィエンヌというパサージュ(屋根付のアーケード)にある古書店。よく見て!上のね、デコ調の半円形の窓はちゃんとあくようにできているんだよね。画集や写真集など、大きくてしっかりとした表紙が付いている本でも、…

刻印器 Personal embosser France

白い紙に浮き出たパルファンサトリのロゴ。紙を挟んでレバーを引くと刻印が打てるエンボッサーという。20年ほど前に、日本の商社が海外のこの器具を輸入していて、フォントも形もサイズも決まったものだったけれど名前を入れて、自分用にオーダーしたことが…

6月のパリ、Paris 2

パリの遅い夕暮れ、ぽつりと灯りのともった部屋から光が漏れる。こんな景色がパリ。住んでいる人はただ生活しているだけなのだろうけれども、生活そのものが芸術品の中にある。環境こそが感覚を磨く唯一の教師。オランジュリー美術館は小さいけれども印象派…

6月のパリ、Paris

ここはあえての星を付けない高級ホテル、サンジェルマン界隈の裏通りにある。中もとてもシックな雰囲気。 やっぱりパリって特別だな。あか抜けている。ドゥービルの情緒あふれる建物もいいけれど、少し田舎っぽい。比べてパリは、歩いているだけで、なんとな…

成田(NARITA)からシャルルドゴール(CDG)まで

与一の独り言「いつも某フランス系に乗ることが多いけど、成田のJALのサクララウンジは広いし食事も豊富。あっしはお腹いっぱいだったのについカレーとシュウマイを食っちまいました。本当は讃岐うどんも喰いたかったんすけど。今日はもう車をひかなくてもい…

ルーブル・天使の像 Archangel

ラッパを吹くのはガブリエラかな。 7人の天使か。ルーブル。

真鍮の折尺・たたみものさしcarpenter's rule

真鍮(しんちゅう)製の折尺(おりじゃく)、たたみものさしともいう。英語ではcarpenter's ruleというらしい。 これも、パリの蚤の市でもう店じまい直前に買ったもの。2か所の露店で見たから、フランスでは珍しいものではないのかもしれない。 これがまた…

フランス・アンティークの鋏② シャンパンワイヤーカッター antique Paris

ずんぐりまるっこくて可愛いこのハサミ、変わった形をしている。支点が先に偏っているし、刃の形が四角なんて、何を切るのだろう? お店で聞いたら、シャンパンの栓を留めている針金を切るのだそうだ。(露天商の言うことはあてにならないけど) でも、なる…

アパートの窓から Paris

暑い夏のパリの昼下がりもくもくと白い雲が 4つある東の窓から朝日がいっせいに入る。 ラベンダー?ラバンジン? カンヌより小さいけど、パリでもニュアージュローズ、 パリの満月の夜。 薄青が長く続くパリの夜、月が先か夜が先か 7月の夜10時 ブログ最新…

Enjoy Paris_4_オペラからサンドニまで Place de L'opera~Republique

明るく平和な南仏では、何かと甘やかされ保護されていたのであるが、こちらに来たら人も街もピリピリしているし、いろいろ注意しなければならないことも増える。 のんびり屋の与一では足手まとい・・・ではないが、写真を撮るときは無防備になるので、ほかの…

Enjoy Paris_5_RERに乗って Antonyへ

Enjoy Paris_5_RERに乗って Antonyへ 週末に若いフランス人カップルの家にディナーに招待されてパリ郊外のANTONYへ。市内の地下鉄からRERに乗り換えて30分くらいのところだ。 ルイーズとマーク、彼らが長いバカンスで日本に来た時にアテンドしたことがある。…

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.