パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

サントノラ島へ!一人で渡ってみる② Cannes Saint Honorat

20160609サントノラ島9.jpg

南仏カンヌ、レランス諸島のサントノラ。
小さい島だけど、やっぱり内陸はこんな感じ。
島を横断する土の道がまっすぐに続く。

地図をチラッと見ただけで、ガイドブックとかの予習をしてこなかったので、目的もなく適当に歩く。
風はさわやかだけど日差しは強い。

乾燥した空気に喉の渇きを覚える、南の島の昼下がり。


20160609サントノラ島26ハニーサックル.jpg

甘酸っぱい香りのハニーサックル

蝶は舞い、野の花は咲き、香りが満ち溢れ、鳥のさえずりがとってもパラダイス。


20160609サントノラ島21ブドウ畑.jpg

ここ、サントノラでは昔からワインが作られていた。
ブドウ畑が島の中央に配置されている。

ワインは修道院の横の売店で販売されているが、ちょっと今夜飲もう、というには結構お高い。

『私はスーパーの紙パック5リットルタンクのロゼワインで十分だわ...』
と思いつつスルー。



20160609サントノラ島29教会.jpg

レランス修道院
ブーゲンビリアとか、南国の花が咲き誇る。

20160609サントノラ島25.jpg

パリの教会のような、厳かで重厚な感じではなく、明るい楽園のイメージ。
ハレルヤ~の歌が聞こえて来るようだ。


20160609サントノラ島26.jpg

オノラ(Honorat)という人が建てた、4世紀から続く古い教会なのだそうだ。


20160609サントノラ島18.jpg

ラバンジンも咲き始め、あたりはいい香りが立ち込めている。

「うーん、与一、いい匂いぢゃ」

20160609サントノラ島28教会.jpg

島のところどころにあるチャペル。
小さな島なので、主だった道を歩けばそれなりに遺跡が見れる。


時がゆっくりと過ぎてきた場所なので、それが無駄に忙しい自分にとってありがたい。
ああ、もし逃避行というときは、北のさいはてよりは、こんなところでブドウを育てて暮らしたい。






グローバルな香水のデータベースサイト「FRAGRANTICA」にパルファンサトリのロングインタビューが掲載されました。日本語にて、あらためて近日中にご紹介いたします。


➤リンク先ページ FRAGRANTICA













-香りが好きでお仕事したい方を募集中-


現在は募集しておりません。)

 

弊社は、オーナーであり、調香師の大沢さとりが代表を務める会社です。

 

日本の美、歴史、奥ゆかしさ、そして四季これらをコンセプトに自ら調香、デザイン、オリジナルブランドとして販売をしています。

海外進出も始まり、スタッフを募集しております。

 

○ 香りが好きで興味のある方

○経験者、初めての方、年齢問いません

○語学堪能な方、歓迎いたします。(英語、フランス語、中国語等)

○事務全般、コンパウンドができる方、など

 

詳細は、面談の折お話しさせたていただきます。

ご興味のある方は、問い合わせメールにて連絡ください。

 https://parfum-satori.com/jp/contact/

(返信メールが届かない場合がありますので、必ず電話番号も記入してください)

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.