パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

6月のパリ、Paris 2

140615paris7.jpg

パリの遅い夕暮れ、ぽつりと灯りのともった部屋から光が漏れる。
こんな景色がパリ。

住んでいる人はただ生活しているだけなのだろうけれども、生活そのものが芸術品の中にある。
環境こそが感覚を磨く唯一の教師。

140615paris4.jpg

オランジュリー美術館は小さいけれども印象派をたっぷりと堪能できる。
モネの睡蓮の部屋は、まるでジヴェルニーにいるような夢心地。
絵を見る、というよりも、モネが愛した庭を一心に描くその情景を観る。

採光といい広さなど、さすがに自国の芸術を知り尽くしているからこそできる展示方法。



140615paris6.jpg

テュルリー公園の中を歩くと、いくつもの彫像が何気なく置かれている。
右と左で引き合う二人?

140615paris8.jpg

この日はサンジェルマンのマルシェから始まって、ヴァンヴのアンティーク市、戻ってきてオルセー美術館の前をセーヌにそって下り、橋を渡ってオランジュリー美術館へ。
テュルリー公園をルーブル方面に戻り、バスに乗ってサンジェルマンのホテルにまた帰ってくるコースで、結局2万3千歩も歩いていた。

フェイスブックではリアルタイムに足跡をたどれる。



140615paris5.jpg

与一「東京だよおっかさん」
さとり「ばかだねあれはエッフェル塔

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.