パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ニューウエスト アラミス  1990

110301ニューウエスト.jpg

「ニュー・ウエスト」アラミス1990年。
マリンノートをコンセプションした初めての香水。

アメリ東海岸から見た、西海岸のリゾート、明るい海をイメージしたという。

新しいタイプの香り、と思っていたのに、発売からいつの間にか20年を過ぎてしまった。


しかし、今見ても決して古臭くない。
つまり、当時としてはすごく先を行っている香りだ。

 

香りはグレープフルーツとフローラルオゾン。
ウッディのセダーノートや昔のムスク、トナリドも重要。

オゾンノートにセダーノート(ベルトフィックスやアセチルセドレン、セダリルアセテートなど)を絡めて、ざらっとしたウッディにしている。
強く硬く見せているのは、ちょっぴりのキノリン。

 

この後に続いて、オゾン・マリンタイプのエポック・メイキング的な香り
エスケープ(カルバンクライン)がでる。

 

このへんのは、アンティーク香水のように美しい香水瓶ではないので、絵にはなりにくいのが寂しいところ。。。

 

 

 

香水ソムリエ®,パルファンサトリ,

 

▶ パルファンサトリ香水「さくら」

 

▶ パルファンサトリのアンティークコレクション・ミュージアム

 

▶ ユーチューブ パルファンサトリのアンティークコレクション1

 

▶ ユーチューブ パルファンサトリのアンティークコレクション2

 

 

 

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.