パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

シスト Cistus ladanifer/ココリコ KOKORICO

121009シスト.jpg

 シスト Cistus ladanifer/ココリコ KOKORICO

 

この10年、シアー感のある香りが続いたから、逆にシストのような重く強い香りが流行り初めているのかな。

このところ食べ物と植物の話ばかりと言われたので、たまには香料のことも書いてみる。

 



毎年、500からの新作香水がメジャーなブランドから出されるが、ほとんど名前とブランドを見ただけで香りをかぐ気が失せる。2000年以降、新しい香水、面白い香水がない。
シプレーの要素は下の方に持っているが、あの「ミスディオール」のようなガッツりしたシプレーは影をひそめ、全体に「軽めでシアー」が合い言葉のようだ。

 

 

 

parfum-satori.hatenablog.com

 

 

その中で、興味を惹かれて香りを手にとってみたいと思う名前、たとえばゴルチェのココリコや、プラダのcuir styrax 11、トムフォードのsantalなどには、下の方にシストっぽい香調が見られる。セルジュルタンス(Serge Lutens) Boxeusesはまるまるシスト。

 

シストは大好きな香料だけど、とても強い香りだ。その焦げたレザーっぽいウッディー・バルサミックな香りは大人の匂いがする。クラッシックな感じが今風ではないので、最近の香水ではしばらく見かけなかった。

 

 

ココリコ。それは強いグリーンのトップから始まる。

Dynascone(ダイナスコン)や、Galbex(ガルベクス)、Galbanum(ガルバナム)、などの強いグリーンに、同じ方向性を持つ、メタリックで固いドライアンバーが合わさって、香りはさらに締まってくる。

それはTimberol(チンベロール)と同じ骨格を持つNorlimbanol(ノーリンバノール)か、女性には向かないシャープなアンバー。

ラストはvanillin(バニリン)がたくさん入って、パチュリと一緒にエンジェルっぽい甘さが下に出てくる。とても持続力がある。オリエンタルでパウダリーなラスト。

ブランドのオフィシャルなコメントではミントとカットグラス、ココアやイチヂクの葉、ベチバーやセダーウッド、ドライアンバー、バニラなどが挙げられている。

 

 

 

昔のメンズのように、シストを暖かく滋味あふれる香りと合わせるのでなく、ドライでシャープなところが新しい。日本の男性にはあまりお勧めしないけど。

 

 

for men

perfumer:Oliver Cresp,Annick Menard

Sept 2011

Jean Paul Gaultier,BPI,Shiseido

 

 

 

パルファンサトリ フレグランススクール

parfum-satori.com

 

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.