パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

アルマーニ Armani GIORGIO ARMANI 1982

armani armani ブログ1.jpg

ジョルジュアルマーニの出したはじめての香水。
1982年の香水といえばもう30年も前だから、アンティークとまでは行かなくても昔の香水であることは間違いない。もう廃盤だし。

フレッシュなグリーンから、白い花が渦巻くように開き、パチュリモスのシプレーへ続くとても魅力的な香水だ。
イタリア香水っぽいインパクトはあるのだけれども、特にラストに清潔感がある。

本来は女性用として出されたのだが、これをつけているカッコイイおじさまがいて、とってもよくお似合いだった。(当時は私はまだ若かったので、オジサマといって差し支えなかろう)

その頃は香水をつけている男性が少なかった上に、女性用をつけていて、しかもご高齢となるときわめて稀なお方だったのだと思う。


armani armani ブログ2.jpg

パッケージもボトルもとってもクール。


とても好きな香りだけれども、キャラクターが違うので自分ではつけない。
でももし匂っていたら、遠くでもすぐにわかるだろうと思う。

思い出の香り。


※この香水はパルファンサトリの所蔵品で、スクールの資料として保管されているものです。
上はパルファン7.5ml、下左はパルファン30ml、右はオードパルファン50ml


Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.