パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

Trésor 1953 ランコム トレゾワ

トレゾワアンティーク.jpg

ランコムのトレゾワ(Trésoir) 宝物と言う名の香水 1953年

 

ボトルはダイヤモンドのブリリアンカットの形をしている。
キュレット(とがったおしりの部分)があり、少し不安定なところにも魅力がある。

これは古い香水で、今出ているランコムのトレゾワとは匂いが違う。

 

新しいランコムのトレゾワは、1990年発売。
調香師ソフィア・グロスマンの代表作である。

ローズとピーチ、パウダリーで暖かく甘い。
彼女の作品、カルバンクライン「エタニティ」やサンローランの「パリ」とも通じる、
女性らしい華やかな香り。

 

 「トレゾワ」は、英語のトレジャー(宝物)だが、目に見えない、「心の宝もの」を意味しているそうだ。

 

 

 

  

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.