パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

香水撮影で筋肉痛?

110711アンティーク.jpg

その日の午前中は、パルファンサトリのアンティーク香水の写真撮影だった。

香水棚からたくさんの香水を出し入れして、並べたりグループ化したりしながらの撮影。


香水は、ガラスの棚板に美術用のジェルで留めてある。

この前の大きな地震でも、きちっと貼ってあったものは大丈夫だった。
それでその後、チェックしてまたしっかりと貼りなおしてあったから、棚から取り出すときはちょっと力がいる。

それに、ぶつけたりしないように息を留めて注意深く扱わなければならない。
静かに、ひねるようにジェルをはがす。

お手伝いもしてもらったけど、ボトルを取り出したりは自分でやる。

気がつかないうちに、自然にスクワットしたり、空気椅子(膝を曲げて中腰でいる姿勢)になっていたようだ。

 

午後になって、歩いていて太ももがなんかプルプルしている。
あれ?なんでかな?なんて思っていたら、そのまま、筋肉痛・・・。

御苑を歩いていて、それなり足も鍛えていると思っていたが、ただ歩くのと使う筋肉が違うようだ。

椅子から立ち上がるたび、イタタ・・・。
やだなー。かっこ悪い。

 

   

 

7月になって、掲載誌を開いてみて、コレクションがとてもきれいに写っていて嬉しかった。

たくさん出し入れしたけど、やっぱりこのページの写真の組み合わせが一番ステキ。

 

ということがあった、5月のある日でした。

 

 

家庭画報8月号の巻頭特集「愛すべき私蔵コレクション」に、パルファンサトリのアンティーク香水コレクションが、見開き2ページで掲載されました。

詳しい内容は最新情報で→ http://parfum-satori.com/jp/topics/2011/07/8.html#more 

特集は、美術品から食器、モチーフまで、他のアイテムのコレクターさんも出ています。
大変美しい写真の数々です。ぜひご覧ください。

 

 

▶ パルファンサトリのおすすめ商品  
やわらかいシルク毛布に包まれるような幸せ感のある香り。
オードパルファン 合歓(ねむ)

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.