パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

カンヌ・グラース・アルディッシュ 2015

干し草 Hay absolute

「この麦はとてもいい麦だよ」と教えられる。何についていいのかよくわからなかったけれど、古い品種だそうだ。南仏にいたある日、近くの麦畑でのこと。麦にもいろいろある。小麦、大麦、ライ麦。そして「藁(わら)」って、よく耳にするとても身近なもの。…

干し草ロール Hay 南仏便り外伝

「干し草ロール」というらしい。南仏の道路を走っていると、畑にこんな円筒形のものがたくさん転がっている。とても牧歌的な風景。車の窓から思わず写真を撮るが、いつも遅い。大地が広いからあまり気がつかないが、車は思いのほかスピードが出ているのだ。…

ボタニカルガーデン Les jardins du Musée International de la Parfumerie

MOUAN SARTOUX にある小さな植物園。毎年、必ずここを訪れる。できれば毎日来たいところ。でも今年は1ヶ月遅かったし、何しろ酷暑の中雨が降らなくて、花も少ないしあまり元気が無い。そんな中、ミント類はよく咲いている。これはペニーローヤル。みんなに、…

オランジュのローマ劇場 Théâtre antique d'Orange

滞在中のアルディッシュからほど近く、オランジュという小さな街がある。ここは1世紀に作られた劇場のある街。小さな凱旋門と、このローマ劇場が世界遺産で、観光資源となっている。世界遺産にも登録されたローマ遺跡。2000年も残っているとは、さすが石の文…

南仏のカントリーハウス⑤ Country life Ardèche

本当はもう、パリに移動して数日が経っている。でも、未体験の田舎暮らしは語りたいことが満載。もっとも感動した場所を締めくくりにしたいと思う。カントリーハウスから少し車で走ったところに、花崗岩(かこうがん)でできた小さい山がある。この中腹に清…

南仏のカントリーハウス④ Country life Ardèche

食事はいつもとてもシンプル。ローカルな野菜と果物、少し高くても安全な食材をほんの少し買う。加工食品はできるだけ買わない。味付けもオリーブオイルと塩コショウ、フレッシュなバジルとか。固いバゲットに、バターかペーストがあればそれを塗る。昔は日…

南仏のカントリーハウス③ Country life Ardèche

ジュニアが桃を摘みに行くというのでついていった。家の前の道路をはさんで、果樹園が広がる。葡萄棚の向こうには、桃の林が幾筋も連なっている。アプリコットと桃の匂いの違いについて話しながら、もいで歩けば籠がみるみる桃でいっぱいになった。そばにあ…

南仏のカントリーハウス② Country life Ardèche

「さとり、悪いニュースだ。我々は月曜日まで電気なしの生活となった」『えぇ?』口あんぐりの私。「あの、それは夜は真っ暗ということですか?」「そうだ、うちはキャンドルならたくさんある」『ドヒャー!( ゚Д゚)』キャンドルがたくさんあるとかの問題では…

南仏のカントリーライフ① Country life Ardèche

なぜブログがアップできなかったかというと、しばらく電気なしワイファイなしの生活をしていたからである。週末から7月14日の革命記念日まで、会社も休みだしどこも人でいっぱいだから、家族と一緒にカントリーハウスへ行かないかと誘われて、連れて行っても…

南仏便り ガラスの村 ビオット Biot

ヴァァルボンや、グルドン、ムージャンなど、南仏には小さな村がいくつもいくつもあって、それぞれに可愛らしい。石造りの淡い色合いが、バラを引き立てている。歴史的には、海から来る侵略者に対して、砦として生き抜いてきたという厳しい時代があったのだ…

フランスの郵便 ポスト Post box

フランスのポストは黄色。ブルーのマークが可愛い。旅先からは、いつもたくさんのハガキを出す。だから、郵便局は一番最初に場所を覚える。切手を買うのに並んだりすることが多い。フランスの公務員はすごくゆっくりだ。日本の公務員はよくやっている、と海…

カンヌの洗濯屋さん Blanchisserie Pressing

毎年来るカンヌの洗濯屋さん。高級品を扱っている、「マリーとガイのクリーニングショップ」マダム、暑いとはいえ、ビキニのトップにハイレグ、シースルーのミニスカート。私より年上だと思うけど、年齢にかかわらず好きなカッコするって、なんか勇気もらえ…

カンヌの帽子屋さん Autour d'un Chapeau

アトリエから出発するときに、うっかりお気に入りの帽子を忘れてきてしまった。カンヌの強い日差しの中、帽子なしではちと無謀。そう思って到着翌日の午前中、カンヌブティック街のル・ダンティーブにて帽子屋さんを探す。 「確か、10年以上前にもこのあたり…

与一から愛をこめて 南仏便り BIOT & Valbonne

「ですからね、あっしはもっと早く、たくさん登場するべきだと申し上げたでしょ?」「なにさ、リクエストがちょっとあったからって、すぐいい気になって」「南仏便りの人気は、(さとりさまじゃあなくって)あっしのポイントのほうが高いでやしょう?」「お…

日曜日は市場に行って Cannes4

そんなわけで、暑い海岸沿いをてくてく歩いてようやくマルシェ(市場)に着いた。どんなわけかというと、新鮮な野菜とオリーブが買いたかったから。今日は家に人を招待するので、近所では足りないものを調達しに来たの。今住んでいるアパートはカンヌのクロ…

カンヌのカヌレ Canelé

「カンヌでカヌレ」というタイトルは単なる語呂合わせで、カヌレの発祥はフランス・ボルドー。もとは修道院で作られたものだそうだ。カヌレはすでに日本でもお馴染みのお菓子になっている。外はかりっと香ばしく、内はしっとりとしてもっちりした食感。ほど…

酷暑のビーチ  Cannes3

午前中だというのに、猛烈な日差しで早くも酷暑。ビーチにはまだあまり人がいない。部屋を出て、クロワゼットの海岸沿いを、マルシェに向かってぶらぶら歩く。炙(あぶ)られるようだ。樹の下を選んで歩いているが、砂浜は湾にそってカーブしているので、だ…

空と海の境界で Cannes2

深夜、ベットの上で、遠く潮騒の音が聞こえる。起き上がりベランダにでれば、昼間の熱気をはらんだまま、海の風が吹きあげてくる。暗い海を眺めてみる。昼間の喧噪が去り、海のあたりには船の灯りが浮かぶ、その明かりが遠ざかり、やがて闇に飲まれていく。…

昼と夜の汀(みぎわ) France

私たちは太陽を追いかけているので、いっこうに日が暮れない。2時間半遅れの出発で、パリにつくのは夜の9時半。あと30分あまりある。窓からは金色の太陽が、やや下に見える。機体が傾き、方向が変わる。空と地平の境は淡くオレンジ色に染まり、水色からやが…

与一出発 Go to Cannes

「12時間(フライト)+3時間(空港)+1.5時間(フライト)の、長い道中で。」「お互いだんだん、遠い旅はしんどくなるネエ。」「さとりさまは後ろでふんぞり返ってるだけだからいいケド」「これで何かと気を張っているのさ。せいぜい励んでおくれ」レッツゴ…

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.