パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

南仏のカントリーハウス③ Country life Ardèche

20150710Ardèche12peach.jpg

ジュニアが桃を摘みに行くというのでついていった。
家の前の道路をはさんで、果樹園が広がる。

葡萄棚の向こうには、桃の林が幾筋も連なっている。


20150710Ardèche7.jpg

アプリコットと桃の匂いの違いについて話しながら、
もいで歩けば籠がみるみる桃でいっぱいになった。
そばにあった箱に入れて持ち帰る。

20150710Ardèche14peach.jpg



そのフレッシュなピーチと紅茶で朝食を取った後は、みんな何かしら用事をしている。

古い車の、さびついたバッテリーを交換して走れるようにしたり、キッチンの水漏れを直したり。
使わない暖炉の掃除やら、草むしりやら。
広い屋敷の仕事はいくらでもある。

私も箒(ほうき)を持たされて、申し訳程度にテラスを掃いたりした。
なんだか、夏の林間学校に来たみたいだ。

納屋にはサイドカー付きのバイクや、トラクターや、カヤックとか、洗濯機とか。
洗濯はまだ電気が来ないからできないけど、帰る日までには直るだろう。

サイドカーに乗る?と聞かれたが、トラクターに乗ってみたいと言って笑われた。
だって、高いところから運転するって楽しいでしょう?

ご主人がこのカントリーハウスをうけついだのは30年くらい前。

来るたびにリフォームしたり、修理したりして手を入れ続けてきた。
子供たちはみんな、夏休み、クリスマスと、休暇のたびにここで過ごし、この家とともに成長した。
小さい頃からの家族写真がたくさん飾ってあって、みんな心からリラックスしているようだ。

そんな家族の愛着が感じられるからこそ、最初の印象と違って家も全然怖くなくなった、。

この土地にあった合理的な造りなどを興味深く思う。

20150721Ardèche3.jpg

近くには小川が流れている。昔は家の下を小川が通り、水車小屋だったこともあったそうだ。

冬は、突然に山から水が出て、家のあたり一帯が水没することがある。
一時間くらいの間に水位が上がってくる。

半地下にあるゲストルームが水没するので、家族総出で家具を上に運ぶ。


もともとは、このあたりはシルクの産地。
養蚕が盛んで、私の寝ているこの部屋は、天井から蚕棚(かいこだな)がつるされていたようだ。
なごりのフックが天井に残っている。

昼間、息子とお父さんは農園へ行く。残った年寄りが絹を作ったそうだ。
その後、養蚕が廃り、農家が残った。
そういう歴史のある大きな農家。

20150710Ardèche-9.jpg

庭にはほかにも、アプリコット、プラム、葡萄、林檎、ミラベルといった果樹がある。

20150710Ardèche-10.jpg

チェスナッツはリスたちのために。
わんさかやってきて、残らず食べてしまうので、一粒も口に入らないと嘆いていた。

20150710Ardèche-11apple.jpg

林檎はまだちょっと早い。
豊かな恵みに囲まれて、人生観が変わるなあ。

20150710Ardèche19.jpg


150年以上のプラタナス、ポプラ、リンデンの巨樹の落とす影が、太陽から家を守る。
昼食後、6時ころまでは陽が照って暑いので、皆家の中で本を読んだり、軽い昼寝をする。

家は厚い石造りで、窓が小さく鎧戸が付いている。
だから、日中は熱気の入るのを防ぐため、南と東の扉をぴったりと閉める。
家の中は薄暗くてひんやり。

そして夕方になれば、窓を開けて風を入れる。


というわけで、電気なし生活が始まったのだが、ネット以外はまったく支障がないような気がする。夜、真っ暗なのはやや不便だが、夏の日暮れは遅く、あっという間に朝になる。



プチトリアノン(Petit Trianon)」

フランス、ヴェルサイユ宮殿離宮、プチトリアノンは情趣あふれる田園風景を愛した王妃マリー・アントワネットがもっとも幸せに時を過ごした場所といわれています。

18世紀のフランス宮廷御用達調香師、ジャン・ルイ・ファージョンが素顔の王妃に捧げた香りをイメージし、また偉大な調香師自身へのオマージュとして、パルファン サトリの"プチトリアノン"が誕生しました。


おそらく彼のアトリエには、たくさんの香料と花々の香りが満ちあふれ、彼の髪や衣服からは、夢見るような香りが漂っていたことでしょう。
極めて優雅な時代に、真実の美を追求した人へのあこがれを、この香りにこめました。やわらかな花々の間に、凛とした横顔が感じられます。

シトラス(柑橘)とヒヤシンスグリーンのフレッシュなトップノートから始まり、ミドルノートにはローズやジャスミンすずらんをはじめとする、当時 の宮廷で好まれたさまざまな花の香りを取りあわせました。白いブーケの清潔な香りは、暖かなサンダルウッドとムスクに変化していきます。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.