パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

南仏のカントリーハウス② Country life Ardèche

20150710d'ardish-15.jpg

「さとり、悪いニュースだ。我々は月曜日まで電気なしの生活となった」
ぇ?』口あんぐりの私。

「あの、それは夜は真っ暗ということですか?」
「そうだ、うちはキャンドルならたくさんある」

『ドヒャー!( ゚Д゚)』
キャンドルがたくさんあるとかの問題では・・・。

カンヌでのエアコンあり、ワイファイあり、電子レンジありの快適アパートメント生活から急転。
「ということは、インターネットも出来ないんですよね?」

「モバイルワイファイを持っているなら、敷地のどこかにかろうじて入る場所もあるわよ。でも、充電はできないわね。お湯も出ないわよ。」

「エ?それって、水で体をあらうということ?」
「だって!No electricityだもの!!」とそばで奥様もおっしゃる。

20150710d'ardish-6.jpg
「み、水風呂~?」
水道は貯水池から水圧で来るようだが、お湯は電気を使っているようだ。

「水風呂はいいわよ、さとりの肌もきれいになるわよ。」
「でもここの水はかなり冷たいけどね。なんだったら明日カンヌに帰るか?」

『やだー、水で髪洗いたくないな~。でもカンヌのアパートは出てしまったし、いまさら行くところないし・・・。』


「いや、たぶん大丈夫なので、一緒に残ります」

20150710d'ardish-4.jpg

ここは夏の間は日没が遅く、9時過ぎまで明るい。
夜7時でも、日本の4時くらいに思える。

それぞれ食事の支度をしたり、車のメンテナンスをしたり。
ジュニアは桃とアプリコットを摘みに行った。

私も家の周りをぐるっと散策した後、慌てて夕食の準備に参加。
電子レンジはないけれど、ボンベのガスレンジは4口あるし、バーベキュー用の炭もたくさんあるので煮炊きには問題がない


スターターは豚のパテを塗った固いパン。
オリーブオイルをかけたシンプル、でもフレッシュなサラダと、メインはゆでたラビオリのみ。
地元のロゼはたっぷり飲んでいい。
最後に庭でもいだアプリコットと果樹園の桃。
締めはレモンチェロ

お腹はこれで充分だ。

20150710Ardèche-8.jpg

食べて笑って話すうちに、あたりは闇に満たされていく。
そしてざわめくプラタナスの葉音。
ワインも回って、宵の明星(みょうじょう)、金星が西の地平10度に輝く。


頭上には北斗七星が渡る。


20150710Ardèche17.jpg


暗くなればもう寝る時間。

こっちで充電しようと思ってたから、残り少ないモバイルワイファイとスマホのバッテリー。
キャンドルの写真を最後に、フェイスブックに写真をあげた。

夜中に起きたときに、真っ暗では歩けないので、つけたまま寝ることにする。
石造りの家だということ、地震がないことだからできるヨーロッパの夜。

心細くて「寝れるかな」という心配も杞憂に、あっさりと眠りに入ったのであった。











☆パルファンサトリ オードパルファン 織部
苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりと立つ個性的な香りのあとには、あたたかくパウダリーな甘さが残ります。

☆おりべのサンプルをお送りさせていただております。
ご希望のお客様は、サンプル送付のお申込みページから→ こちら。 


プチトリアノン(Petit Trianon)」

フランス、ヴェルサイユ宮殿離宮、プチトリアノンは情趣あふれる田園風景を愛した王妃マリー・アントワネットがもっとも幸せに時を過ごした場所といわれています。

18世紀のフランス宮廷御用達調香師、ジャン・ルイ・ファージョンが素顔の王妃に捧げた香りをイメージし、また偉大な調香師自身へのオマージュとして、パルファン サトリの"プチトリアノン"が誕生しました。


おそらく彼のアトリエには、たくさんの香料と花々の香りが満ちあふれ、彼の髪や衣服からは、夢見るような香りが漂っていたことでしょう。
極めて優雅な時代に、真実の美を追求した人へのあこがれを、この香りにこめました。やわらかな花々の間に、凛とした横顔が感じられます。

シトラス(柑橘)とヒヤシンスグリーンのフレッシュなトップノートから始まり、ミドルノートにはローズやジャスミンすずらんをはじめとする、当時 の宮廷で好まれたさまざまな花の香りを取りあわせました。白いブーケの清潔な香りは、暖かなサンダルウッドとムスクに変化していきます。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.