パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

干し草ロール Hay 南仏便り外伝

20150803干草6.jpg

「干し草ロール」というらしい。
南仏の道路を走っていると、畑にこんな円筒形のものがたくさん転がっている。
とても牧歌的な風景。

車の窓から思わず写真を撮るが、いつも遅い。
大地が広いからあまり気がつかないが、車は思いのほかスピードが出ているのだ。


道がカーブして新しい景色になるたび、また見れないかな?と待ち構えているが、次に見えたときには油断していて、また手遅れ。

「スロー!」と同乗者たちにからかわれる。

20150803干草5.jpg

「とめてとめて!」

車を止めてもらってちゃんと撮ることができた。



四角く固めたのもある。
干し草ロールは麦を刈って巻いたもので、四角はトウモココシだったかな?
教えてもらったのだけど・・・、メモが見つからない。

とても好きな光景なので、次の日も、その次の日も、見つけるたびにとめてもらった。

20150803干草3.jpg

「さとり、ほら、カメラを持って早く来なよ!」

昼間の暑い盛り、滞在中のカントリーハウスの庭先に呼ばれ、
大急ぎで行くと、向こうから干し草を摘んだトラックがやってくるのが見える。

乾いた道を土ぼこりをあげて爆走するトラック!

あんなに苦労して撮ったのに、すぐ家の前の道を通るとは!


20150803干草2.jpg

ああ、干し草ロールが木の陰に入ってしまう!
カメラを持って走りながら追いかけて撮る。



20150803干草1.jpg

わーい!アップで撮れた!
でも、撮るのに夢中でよく見てなかった。

なんか、やっぱり私トロイのかなあ。。。

20150803干草4.jpg

去っていくトラック。

この周囲は麦畑だったみたい。

遠くの畑では、日中に水をまいていて
その霧になった水の匂いが、ずうっとこっちまでにおって来る。

そして夕方になり、太陽が斜めになり木の蔭に隠れるころ、また別の匂いもやってくる。

暑い夏の日に薫る、青く蒸れた芝生を思わせる、でも乾いた、もっと甘くしたような香り。


昔、物語の世界で聞いた「干し草の香り」という言葉が、ようやく現実のものとして頭の中で結びついた瞬間。

干し草のような香りといわれるウッドラフ(クルマバソウ)、桜もち、クマリン・・・。

今までの「知識の断片」が、体験を前にひとつに統合され、腑に落ちていく。




→次のヘイの香料(Hay Absolute)につづく・・・。


お盆休みのお知らせ 
 8/12(水)~8/16(日)まで、サロンをお休みさせていただきます。 
オンラインの受注は受け付けております。発送は16日から順次させていただきます。





イリスオム60.jpg
☆パルファンサトリ オードパルファン イリスオム
あっさりとしたシトラスから軽く始まり、時間の経過とともに、ミドルノートからラストノートまで、イリスの優しい香りが穏やかに香り続けます。

8月3日(月)より、イリスオムのサンプルをお送りさせていただております。
ご希望のお客様は、サンプル送付のお申込みページから→ こちら。 
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.