パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

南仏のカントリーハウス⑤ Country life Ardèche

201507Ardèche_25.jpg

本当はもう、パリに移動して数日が経っている。
でも、未体験の田舎暮らしは語りたいことが満載。
もっとも感動した場所を締めくくりにしたいと思う。

カントリーハウスから少し車で走ったところに、花崗岩(かこうがん)でできた小さい山がある。
この中腹に清水が湧いて、小さな泉があるのだという。

夕方でもまだ暑い陽が照り付ける、白い石灰質の山道をてくてく歩いていくと、やがてせせらぎが流れる森に入る。

頬を流れるひんやりした空気。薄暗い木立。

201507Ardèche_28.jpg

段差のある小川を、上流に登っていく。

すると、広く浅くなって、流れがゆったりとした部分に、木漏れ日が細いいくつもの帯になって射しこんでいる。
奥の暗さと、光のまばゆさに目が眩む。

201507Ardèche_26.jpg

そこには、黒い翅をもつ蝶のようなものが、光の帯の間を飛び回っている。
いくつも、いくつも。

エメラルドグリーンとターコイスブルーを時折きらめかせながら、二つの影はもつれ合い離れ、また追いかけて踊る。

これは、現実なのかしら?自分はどこにいるの?
まるで、ディズニーの映画のワンシーン。


なんとかカメラで撮りたいと思っても、ひらひらと舞いながら枠から消えてしまうし、動いているからこそ煌(きら)めくのだ。

何枚もトライしながら絶対につかめない、もしかしたら掴(つか)んではいけない瞬間。

諦(あきら)めてぼうっと眺めていると、徐々に光に慣れ、それが糸のように細いトンボだということに気が付いた。
岩場や木の枝に、数多くのそれが翅を休めている。


201507Ardèche_dragonfly1.jpg

日本ではハグロトンボという。
はばたきがひらひらと緩いので、飛んでいるときは残像で4枚の翅が6枚にも見える。


近づけばまたふっといなくなってしまうので、遠くからようやく撮ることができた。
青と、緑。

そして下がお気に入りの一枚。

201507010Ardèche27トンボ.jpg

源流は小さな泉。
石灰によりターコイスブルーをしている。

201507Ardèche_30.jpg

小さな泉の周りには、藪をかき分けて通る細い道がある。
ぐるりと回って、開けたところに腰かける。


201507010Ardèche26魚.jpg

しかし、近づけば透明度は高く、水温は低い。
小さい魚がいるなんて!

201507Ardèche_27katatsumuri.jpg

帰る道、森から出るころは陽は斜めになり、草原の影が長い。
なにか、映画の中に入って、そして抜けてきたみたい。


私はカタツムリ。
ゆっくり食べ、ゆっくり歩く。


遅いということは、エレガントなのだ。


ファストとつくもの、ファストフード、ファストファッション、、
世の中の早いサイクルに合わせれば、エレガントは消えてしまう。

特別なもの、特別な場所、それが、プレシャスでラグジュアリーでエクスクルーシブなもの。
それは、作り手も時間をかけて、買う人も時間をかけて探すもの。


「流されてはいけない。自分がいいと思うことをしなさい。自分がいいと思うものを作りなさい。」
それが、カントリライフの啓示。



☆パルファンサトリ オードパルファン 織部
苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりと立つ個性的な香りのあとには、あたたかくパウダリーな甘さが残ります。

☆おりべのサンプルをお送りさせていただております。
ご希望のお客様は、サンプル送付のお申込みページから→ こちら。 
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.