パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

昼と夜の汀(みぎわ) France

20150702sky.jpg

私たちは太陽を追いかけているので、いっこうに日が暮れない。
2時間半遅れの出発で、パリにつくのは夜の9時半。あと30分あまりある。

窓からは金色の太陽が、やや下に見える。
機体が傾き、方向が変わる。

空と地平の境は淡くオレンジ色に染まり、水色からやがて薄紫のエリアへと振れていく。
その先には白く浮かぶ月。

背には太陽。
機は大きく旋回したのである。

黄昏(たそがれ)の地平線には、薄く藤色(ふじいろ)の層がはっきりと表れている。
地球全体が、空気の膜に包まれているのだ。

機体はやがて高度を下げ、靄(もや)の中へと入っていく。



20150702fullmoon2.jpg

カンヌは入り江になっており、海の向こう、対岸の山の峰に鈍く月が登っている。
さて、昨日も満月だと思ったが?



20150702fullmoon3.jpg

いま、私はあの薄紫のもやの中にいて、生まれ変わった今日の月を見ている。

長い黄昏を連れて、白い船が通り過ぎていく。






➤バラとスミレとアヤメとミモザの香水 ニュアージュローズ(バラ色の雲)

目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.