パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

日曜日は市場に行って Cannes4

20150704ピーチ.jpg

そんなわけで、暑い海岸沿いをてくてく歩いてようやくマルシェ(市場)に着いた。
どんなわけかというと、新鮮な野菜とオリーブが買いたかったから。

今日は家に人を招待するので、近所では足りないものを調達しに来たの。

今住んでいるアパートはカンヌのクロワゼット通り、海岸沿いにある。
マルシェは湾をはさんで反対側の旧市街だから、結構遠い。
往復1万歩だから、片道2キロくらいかな~。

すでに人でごった返している。

20150704オリーブ.jpg

あったあった、毎年ここにくるの、お目当てのオリーブ屋さん。
粋でいなせなお兄さんの店に行く。

食べ物屋さんはやっぱりやる気のあるところで買うのが美味しい。
ちょっと調子がいいけれど、ラテンの乗りで。

今回は、ペースト状の黒いオリーブと、この大粒の緑のオリーブを買う。
緑のほうがしょっぱいみたい。

20150704チーズ.jpg


ぶらぶらしながら、一人でも食べれそうなものを物色。

うわー!おいしそうだけど、どうしよう!!
チーズ、魅力的だけど、、、

帰り道暑い中、このくさいチーズと一緒に帰るのはちょっと考えものだわ。
冷蔵庫もすごい臭いになりそう。
うーん、残念。。。



20150704アプリコット.jpg

アプリコット、とても瑞々しい。
それに、種類がたくさん。



20150704アプリコット2.jpg

グリーンで大粒のアプリコット


20150704プラム.jpg

かと思えば、小粒のプラム。
比較物がないとわかりにくいが、本当にちっちゃいプラムだ。
今は、ピーチ、アプリコット、プラム、スイカ、メロン、フランボワーズなどが旬。


20150704ズッキーニ花.jpg
黄色い大きなズッキーニの花。

花はたいがいしなびて、ズッキーニ本体についているものだけど、これはとても新鮮。
フリット(てんぷら)にして食べたり、肉詰めにしたりするらしい。




写真台白1.jpg

フェンネルの根元は太く、スープに入れたりして食べる。

その向こうにはちいさなネギ。
大きなエシャロットみたいだけど、エシャロットではない。

これ、お味噌を付けて食べると美味しいんだよね。
よし、これと、トマトと、グリーンリーフを買おう!

結局、他にパンとローカルのピーチと、オリーブやバラの花を買って帰る。
途中、水を買ったり、ポストカードを買ったり、どんどん荷物が重くなる。



20150704クロワゼット通り.jpg

熱気に蒸れた、背中にしょったリュックの重みを感じながら、またてくてくと歩いて帰る。
行くときは午前でまだましだったけど、もう昼すぎだから、かなり暑い。

海岸より日陰のある、1本入ったル・ダンティーブを歩く。
このあと、ピカー(冷凍食品の店)に寄ろうかな~?
でも、すでにかなり重いしな。

『こんなとき、与一の力車があれば...。』
などとしようもないことを考えながらひたすら歩くのであった。



20150704バラ.jpg

くったりしたミニバラも、ようやく家に帰って水切りし、ざぶっとボウルの中につける。
少し生き返ったみたい!

紫の薔薇は、小さくてもいい匂いがする。


20150704ネギ.jpg

新鮮な何か、ネギの仲間。
これ、本当に辛くて、体が中から新鮮になるような感じなの。

20150704女子会.jpg

そして夜は女子会。
モー暑いし、お互いメークオフでパジャマパーティだったりして☆






➤バラとスミレとアヤメとミモザの香水 ニュアージュローズ(バラ色の雲)

目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.