パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ウメ

カワセミと梅の花 翡翠 Alcedo atthis

カワセミ(翡翠)を初撮影!先週、アトリエまでの通勤を、新宿御苑を通るコースを選んでみた。寒いせいか、ほとんど人に会わない。「今日は日本庭園を通って、母と子の森を抜け、もし時間があったら温室もまわってみようかな...。」そう思って日本庭園の池の…

花から花へ flit from flower to flower

こんなにゆっくり梅の花が楽しめるなんて。最初の一輪から今日まで1ヶ月以上、今まさに、満開の梅林。梅と桜の違いは、その樹の枝ぶりと花つきですぐそれとわかる。折れ曲がりながら上に伸びる新しい若い枝に、梅の花は一輪ずつ、花柄がない花をつける。ここ…

梅 Japanese apricot

暖かいかと思うとすぐまた寒くなり、桜と思えばまた梅の花。今年は咲き始めが遅かったためか、まだ梅も見ごろが続いている。似たような写真ではあるけれど、どの梅も表情が愛らしい。この三枚の写真の梅はガクの部分が赤い。寒さに耐えて凛と咲く。でもこの…

サクラサク、ウメ咲く。SAKURA

サクラサク、ドコモ。寒桜ウメサク、ドコモ。白梅。同じ日の、新宿御苑。

白梅 Ume

今年の梅はかなり遅く、ようやく満開を迎えるところ。白い梅は、上品ないい香り。▶ 梅の香りの香水。パルファンサトリ「夜の梅」オードパルファン Yoru no Ume 50ml 12000円(税抜)始まりはせつない甘さが妖艶にも香りますが、天然ローズを中心としたフロ…

ウメ,紅梅,Plum Blossom

もう、次々と梅がほころび始めた。今日はピンクと白が数本咲いている。 白は遠くて。▶ 梅の香りの香水。パルファンサトリ「夜の梅」オードパルファン Yoru no Ume 50ml 12000円(税抜)始まりはせつない甘さが妖艶にも香りますが、天然ローズを中心とした…

一番の紅梅 Plum Blossom

雨上がりの暖かい朝、新宿御苑に梅の様子を見に行った。毎年、この時期はつぼみのふくらみ具合をいつもチェックするのが習慣になっている。日本庭園の梅林はまだ固いつぼみ。そこで、玉藻池の小さな梅林へ足を運ぶ。ここでも、ほとんどの梅の木がまだ開く気…

紅白梅 ウメ Prunus mume

1月の下旬、古い友人と食事をした。 よもやま話の中に、家の梅の木が一輪咲いたと彼がいう。 彼の家の庭にはお稲荷さんがあって、その横に一本の紅梅が立っている。部屋の窓からその蕾が、日、一日とふくらんでいくのを楽しみに眺めていたが、その朝ようやく…

白梅 2013 新宿御苑 Prunus mume

待ちに待った梅が咲いた!新宿御苑の白梅。 このところずっと新宿御苑に散歩に行けなくて、梅がどうなったかとても知りたかったのだけど。。。パラパラと咲いている。

ようやく、梅の開花 新宿御苑2012

こんな日をずーっと待ちわびていたけれど、ようやく春の陽気になって梅がだいぶ咲いてきた。本当に待ちくたびれてしまった。

梅(うめ)と桜(さくら)の競演 新宿御苑

ところどころ、カンザクラが見ごろを迎えている。花つきがよく、濃い目のピンクがぎっしりという感じで咲く。

2012年の梅とメジロ 新宿御苑

東京は本当にこの2日間あたたかくなって、体がとっても楽ちんだ。 しっとりと湿りを帯びたあたたかい空気が、寒さで固まった体を優しくいたわる朝の新宿御苑。 気温ひとつで体調が断然違い、肩のこわばりがふんわりほどける。

日本の梅 梅の香り‐2

梅は花木の中で特に香りのよい花だ。気品のある姿に比較して、香りは少し妖艶な面もある。赤と白でも香りが違う。 暖かくなってから華やかに咲き、風に揺すられて散る「さくら」と違い、「梅」は厳しさに耐えて花を開き、容易には散らない。 梅のことはひと…

日本の梅  梅の香り-1

梅の花 香りをかぐはしみ遠けども 心もしのに君をしぞ思う 市原王(いちはらのおおきみ) 梅の歌は、万葉集に119首に及ぶほど、古くから貴人に愛でられた花だ。鶯や雪と共に詠まれている歌も多い。この歌は、市原王(8世紀の皇女)が梅の香りに寄せて、中臣清…

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.