パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

母の茶道⑦ 日本陶芸倶楽部 Pottery

20151129志野.jpg

この志野(しの)のお茶碗は、古いものの写しではあるが母の作品である。

「志野の茶碗は60歳を過ぎて使うもの、と言われたものだ。今はそんなことあまり気にしないみたいだけど・・・」

そういいながら、母は朝のお茶をたててくれた。


-若い頃には似合わなくて、年を取ってからこそふさわしいもの。-

そういうものが、この世にはあるというのが、とても素敵なことのように思える。



私の小さい頃は、母はいろいろなお稽古ごとをしていて、その中の一つに陶芸があった。

原宿駅の近く、東郷神社(とうごうじんじゃ)のそばにある「日本陶芸倶楽部(にほんとうげいくらぶ)」の正会員を長くしていた。

私が言うのも生意気なのだが、母は素人ではあるが、作品にはなかなか洒落たものがあるし、それを日々使って、自分で楽しんでいるのがとてもいいと思う。


昔は陶芸倶楽部の建物にエレベーターがなく、足の悪い母は上の教室まで登るのが大変だということで、80を前に辞めてしまった。

それからだんだん会員の年齢層が上がって、今ではエレベーターも出来たらしい。

20151223出光志野2.jpg

上の写真はまた別の志野茶碗。

こちらは、同じ会員仲間であった、当時の出光(いでみつ)の社長、出光昭介氏の作品。

実業家であって本職の陶芸家ではないが「出光さんは玄人(くろうと)はだしだった」とは母の弁。
1989年に母が購入したものである。


毎年、日本陶芸倶楽部のチャリティー展示会が日本橋三越で開かれ、
気に入って買ったようである。

母も義理で出品していたのだそうが、せっかく苦労して作ったものが売れてしまっては困るので、
「売れないように、売れないように」と願っていたそうである。

残れば最後は自分で買う。だから、あまり値段が高くつきすぎても困るとか?なんとかかんとか。
ややこしいお稽古の世界。


志野.jpg

志野には、荒々しい作風のものもあるが、これはふっくらとして優しいところが、少し枯れた女性の手には似合うような気がする。





☆年末年始のお休みについて
12月26日(土)から1月5日(火)まで、休業とさせて頂きます。

☆パルファンサトリ オードパルファン 織部
苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりと立つ個性的な香りのあとには、あたたかくパウダリーな甘さが残ります。
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.