パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

オニユリとクロアゲハ Lilium lancifolium

クロアゲハは前翅の褄(つま)から大きく羽ばたいて、後翅はその動きに従っている。アオスジタテハに比べてゆったりとした動きである。蝶は気まぐれに飛んでいるようだけれども、蝶の道は決まっている。それゆえ花は待っている。オニユリは下垂した花を反ら…

秋のアオスジアゲハ Graphium sarpedon

私の覚えでは「アオスジタテハ」なのだけれど、「アオスジアゲハ」というのが正しい名前らしい。幼虫はクスノキの葉を食べるとか、この蝶はよく森の中で見る。夏の間、敏捷に飛び回っていたアオスジアゲハ。嵐の去った秋のある日、散歩をしていると、目の前…

アオスジアゲハ 青条揚羽 Graphium sarpedon

私が小さい頃はアオスジタテハと呼んだものだが、アオスジアゲハが正式名称らしい。夏の蝶、という印象が強い。学校の行きかえり、木の多いところでよく見かけた。キアゲハやクロアゲハに比べてく鋭く飛ぶので、追いかけるのが大変だ。ブログ最新記事に戻る➤…

ルリタテハ 黒に瑠璃色の蝶 Kaniska canace

黒に瑠璃色の筋が入った、とても粋な感じの中型の蝶。着物の色合わせのよう。 ルリタテハというのだそうだ。

クロアゲハと彼岸花 / Papilio protenor

秋の日差しは音も無く静かに射す 春の騒がしさ、夏のまばゆさ、冬の温かさとも違う透明でしんみりとした光である うすくらい木蔭にまだらに落ちちらちらと揺れる それは蝶の羽ばたきにも似て 影を一層くろく闇にする ☆イリスオム・ブラックラベル ☆satori オ…

黒いアゲハ蝶 ナガサキアゲハ Papilio memnon

小さなシジミ蝶も可愛くて好きだけど、この大きなアゲハ蝶をみるとなんだか得した気分になる。最近はめったに見ないなあ。 大きいのでゆったりとんで見えるが、とにかくちっともじっとしていない。花にとまっても羽を休めることがないので、なかなかきれいに…

秋の日に ツマグロヒョウモン

まだ残暑の残る秋の日の、まぶしい光の中にひらひらと蝶が飛ぶ。

青いアゲハ蝶、アオスジタテハ

鋭角に飛ぶアゲハ蝶。アオスジタテハはいつも、夏の想い出。

南仏の小さいともだち 44

小さなお客さんが処方箋の上を横切っている。忙しく足を動かして、

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.