パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

秋のアオスジアゲハ Graphium sarpedon

110722アオスジタテハ1.jpg

私の覚えでは「アオスジタテハ」なのだけれど、「アオスジアゲハ」というのが正しい名前らしい。
幼虫はクスノキの葉を食べるとか、この蝶はよく森の中で見る。

夏の間、敏捷に飛び回っていたアオスジアゲハ。
嵐の去った秋のある日、散歩をしていると、目の前をゆっくりと横切った。

「今日はずいぶんふわふわと飛んでいるなあ」
まるで、クロアゲハのようにゆるやかに、こずえと地面を行ったり来たり。

「いったい、どこに止まるのかな」

と気になって、つい追いかけはじめる。
しばらく飛んでいたと思ったら、舗装された道路の上にゆらりと着地した。

20151016アオスジアゲハ2.jpg

そんなところには、花もなければ水気も無い。

そっとそっと、写真を撮りながら近くへ行く。
ほんのすぐそばまで来たのに、逃げようとしない。

時々翅を広げたり閉じたりして、そしてじっとして、やがて翅が倒れ、動かなくなった。

よく見れば、青は色褪せて、翅はボロボロに傷んでいる。

ずいぶん苦労したんだね。
もう、死んじゃうのかな。

みんな、いつかさよならするの。


20151016アオスジアゲハ.jpg


道路にいては踏まれてしまうし
そして、知らずに踏んだ人も悲しいでしょう?

せめて生まれた場所を思わせる木の上に、しがみついていた落ち葉と一緒に置いてみる。


哀れなの?淋しいの?

110722アオスジタテハ4.jpg

でも私は覚えている。

夏の茂った薄暗い森の中で、ヤブカラシの橙色の小さな花から花へと忙しく渡る姿を。

たった一日しか咲かない、カラスウリの白い花を背にして、サファイヤブルーの翅は、木漏れ日を通るたびキラキラと輝いていたでしょう。


もしやあれこそが天国だったのかしら?

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.