パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

びわの花(しべ) Eriobotrya japonica

141121びわの花しべ3.jpg

 
なんでもかんでも、こんな風に寄ってみたら、花はみんな同じになってしまいそうだが。
蘂(しべ)が好き。
 
ひみつっぽくて。
 
そうとも限らないのだけれど、匂いは蕊にあるかのように想う。
 
だからつい、きれいな人のくちびるに惹かれるように顔を近づけてしまう。
 
141121びわの花しべ.jpg
 
がくの中からつぼみがふくらみ、花びらが開き、蕊(しべ)がほぐれて、蕊の先の葯(やく)が割れる。
 
 
141121びわの花しべ2.jpg
 
びわの花はけむくじゃら。
冬の寒さから花を守るコートだ。
 
花びらにまでうぶげが生えて、中まで暖かそう。
 
風のない日、満開の枇杷の木のそばは甘いバニラ様の香りでいっぱい。
パウダリー、スイート、ヘリオトロピン。
 
 
141121びわの花.jpg
 
大きくなった枇杷の実の、おへそにその毛の名残がある。
 
 

====

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.