パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ジャスミン

うれしいとき。ジャスミン,jasmine

うれしいとき。わたしのこころのなかの白い小魚がピチピチと跳ねる。だからくすぐったくて。 そうなの。くちびるがピヨピヨって、囀りはじめることもあるよね。だって嬉しいのに、照れくさいときは、ささやかによろこぶよりほかないもの。

ジャスミンサンバック 茉莉花 Jasminum sambac

サンバックジャスミンと言えば、6歳のときの初めてのハワイ旅行。一般人の外国旅行が許可された年である。飛行場でタラップを降りると、髪の長いお姉さんが、香りのする白い花のネックレスをかけてくれた。3日たっても強く香る、その首飾りは「レイ」という…

ジャスミン 素馨 オオバナソケイ Jasminum grandiflorum

これは、香料を取るジャスミン。オオバナソケイ、Jasminum grandiflorumである。つぼみは赤く、ほっそりとしていて線香花火の先を思い起こさせる。開くと白くやや旋廻した花びらの縁(ふち)に、ところどころ淡い桃色の覆輪がでていかにも愛らしい。風にゆれ…

ジャスミンのつぼみ Jasminum

道を歩いていてふと気が付くと、赤い点々が木の中に見える。『やあ、もうジャスミンのつぼみが!』 ここは明治通り沿い。そばによって写真を撮ってみる。工事現場の近く、急いで写したので見た目あまりよいとは言えないけれど・・・。

大輪ジャスミン ヤスミヌムレクス Jasminum rex

珍しい、大きなジャスミンの花。新宿御苑の温室、出口近くの通路に、白い蔓性の植物が咲いている。 つぼみや葉はどうみてもジャスミンだが、普通のジャスミンに比べて大きく、しかも花びらが8枚もある。普通のジャスミンは5枚花だ。

ジャスミンの花 Jasminum grandiflorum

香料用のジャスミン、オオバナソケイ。香水に使用される種類のジャスミン。 新宿御苑では、管理棟の近くに咲いている。 南仏では初夏に咲く花だが、日本の夏が暑すぎるのか、冬が寒くて花時に間に合わないのか、ここでは秋口によく咲いている。

香料用ジャスミン Jasmin

ジャスミン、香料用。ハゴロモジャスミンより少し花が大きい。

ハゴロモジャスミン ジャスミナムポリアンタナム

ハゴロモジャスミンのつぼみは赤いが咲くと白い。 前にも書いたが、ハゴロモジャスミンは、香料を採るジャスミンとは別の種類。また、ジャスミンティーのジャスミンも、茉莉花(マツリカ)という別の種類である。茉莉花は最近では、サンバックジャスミンと言…

6 グラースの花・ジャスミン

これは香料用のジャスミン。グラースに行った時に畑で撮影した。

都会のジャスミン

こんなビル街の真ん中に、半分野生化したようなジャスミンが、今まさに咲き始めている。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.