パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

母の茶道② tea ceremony

20150603抹茶.jpg

40代の頃からだから、もう半世紀近くになるだろう。
母は毎朝、お薄(おまっちゃ)を自分のために二服(二杯)たてる。

来年90歳になろうとしているが、いまだに元気なのは、ひとえにこの緑のお茶によるものだろう。

部屋の一角に小さなコーナーをしつらえ、誰に見せるわけでもないが、季節に応じて飾り付けをし茶碗を変えて楽しんでいる。

お道具は自分の気にいったものを使う。
名物(めいぶつ)ものにはこだわらず、意匠が合えばむかし海外旅行で買った蓋物を香合(こうごう)に見立て、カフェオレボウルを抹茶茶碗にすることもある。


数寄物(すきもの)とは、生業(なりわい)とせず芸事に打ち込むこと。
母は茶道の準教(お茶名のひとつ上)ではあるが、お茶の先生として生計をたてたことはない。

ただ、歳時記を生きている人だ。


その季節季節に関わることを、なにやら話しかけてくるのだが、こちらはふんふんとうなずいているものの、耳の中を右から左へ通り抜けるばかりでたいして聞いてもいない。

それでいて、よそで何かのおりに年中行事など目にすると、デジャヴュのように思い出すのだ。


最も長く一緒に過ごしたひとが、深いところに影響をおよぼす。
この年になってようやく気がつくのは、一番の先生は母親であったということだ。

母親の佇(たたず)まいって、大切だ。



►茶道に関する記事のページ  「茶を喫する」

▶ ただ爽やかなだけではない、ほろ苦い抹茶の香りです。
  オードパルファン 織部(おりべ) 
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.