パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

織部焼(おりべ)Oribe 香合/ incense case 母の茶道④

20150609織部焼香合.jpg

これは、織部焼(おりべやき)の香合(こうごう)。
形はギボウシ擬宝珠)、ニ代目池田瓢阿(いけだひょうあ)先生の作である。

二代池田先生は十年ほど前に亡くなられてしまったが、籠師(かごし)、竹芸家として作品を作られる傍ら、教室も開いておられていた。陶芸もお好きでよくなされたと聞く。

母は長い間、この池田先生に「お籠」の手ほどきを受けており、そのむかし新年会かなにかで、この香合を頂いたものである。


20150609織部焼香合2.jpg

先日、お茶を飲みながら織部の話をしていると、母は思いついたように、押入れから織部焼の沓茶碗(くつぢゃわん)とこのギボウシの形の香合(こうごう)を出してきた。

「そういえば昔、これ見たことあるかも。」


沓茶碗の方はあまり感心しなかったけど、この香合は小さくて、丸くて、味わいがあって好きだ
どことなく剽げたところが可愛い。


なんでも、11月のお茶事(ちゃじ)には、ひとつ織部焼のお道具を混ぜるとよいのだとか。

ただし、ギボウシの形のお道具は、お彼岸のときに使うべきものなのだそうである。
ギボウシとは、橋の欄干についている玉ねぎのような形をした飾りである。
(植物については、過去に「ギボウシュ(擬宝珠)HOSTA」で書いているのでそちらを読まれたし)

いろいろな決まりごとは、その場面になってみないと話題に登らない。
せっかく聞いても忘れてしまいそうなので、ここに書きとめておくことにした。





おりべparfumsatori.jpg

☆パルファンサトリ オードパルファン 織部
苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりと立つ個性的な香りのあとには、あたたかくパウダリーな甘さが残ります。

☆おりべのサンプルをお送りさせていただております。
ご希望のお客様は、サンプル送付のお申込みページから→ こちら。 

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.