パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ヒバンバナ,曼珠沙華,Lycoris radiata,

20150922ヒガンバナ.jpg

ヒガンバナ彼岸花)を庭に植えるものではない、あれはお墓の花だから。」


そういわれても、気にせずに庭に植えたことがある。
若い頃は、ときに自分の中の「善」に不満を持つ。
または挑戦的な気持ちがあって?
ただ綺麗だったからかもしれない。

ヒガンバナは、夏草がまだ残る林の木陰にひっそりと茎を長く伸ばし、ある日突然その姿を表す。
毒々しいほどに赤く、悪女風だ。

20150922ヒガンバナ白.jpg


植物にとって花びらは飾りで、蘂(しべ)こそが重要な存在なのだ。
生殖が生き物の役割だから。


20150922ヒガンバナ白2.jpg


白いヒガンバナもある。
ヒガンバナに花の香りはない。

蘂(しべ)が生殖のために存在するならば、球根で増えるのはどういうことなのであろう?
ヒガンバナは3倍体であるため結実しないといわれるが、わずかにはできるそうである。


ヒガンバナによく似た形の、ダイヤモンドリリー(ネリネ)と呼ばれるピンクの花があるが、ドラマティックさでは及ばない。



キンモクセイの香り☆オードパルファン「SONNET(ソネット)」

トップはマンダリンのシトラスと、クラリセージのティーノートから爽やかに始まります。そして甘い桃のようなオスマンサス(キンモクセイ)の香りは、やわらかいフローラルの広がりに、やがて、木の暖かいラストノートへと移ろっていきます。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.