パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

大寒:水沢腹く堅し(みずさわあつくかたし) 72 pentads

20170112氷.jpg

1月25日は二十四節気大寒」の七十二侯次侯「水沢腹く堅し(みずさわあつくかたし)」
一年で最も寒い時期だ。


なんかもう、氷の上を渡る風って強烈。
でも、北の国の人にしてみれば、東京なんかすごく暖かいらしいけれど。



寒いときは暖かい時に比べて、空気が透明で匂いが少ない。
香りのある花もあまり咲いていない時期であるし、土や水などから上がってくる香りもない。
芳香分子の活動も活発でないからだろう。

その代わり、少しの香りでもはっきりくっきり感じられる。


20170125ろうばい.jpg


蝋梅(ろうばい)の香りは離れたところでもよく香る。


ちょうど、雑音が多い時は肝心なことは聞こえず、シンと静まり返っているからこそ、小さな物音もよく響く、そんな感じである。





オランダ便り⑥は明日アップします!



Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.