パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

オランダ便り AMSTERDAM⑥Hotel Okura

20160613hotelokura2.jpg

おとといまでのオランダ便りの続きである。

というわけで、アニンドリア・パフュームラウンジでの「パフューマーズ・ソワレ」のあとは、今度はアムステルダムホテルオークラへ。
昨夜はクールなフレンチ・レストランにご招待されたので、今夜は私がご招待する。

せっかくなので和食を・・・と思い、社長以下スタッフと4人でホテルオークラの「山里(やまさと)」へ。



20160613hotelokura.jpg

ホテルオークラアムステルダムは1971年に創業、45年の歴史がある。
司馬遼太郎の「オランダ紀行」によれば、オークラ・アムステルダムの最初の和食レストランは、「出島(でじま)」と言ったそうである。(※注)

長崎の「出島」にならって?ヨーロッパに日本が進出しようとする意気込みを感じる店の名。


現在の和食店「山里」の席からは、池をメインにしたお庭が見える。
異国で日本庭園をここまで作り込むのは、長い歳月があってこそだと思う。


なんでもアニンドリアの社長さんが社会人になったばかりの頃、ボスに最初に連れていってもらったのがここ、ホテルオークラの山里だということで、とても懐かしがってくれた。


20160613hotelokura4.jpg


アムステルダムの山里は、日本のホテルオークラ「山里」と遜色ないお味。
ただしコースの量は多めである。

オランダの人はやはり体が大きく、食べる量が違うのか。


今日は早朝からフルで人と会っていたので疲れているはずなのに、
話すことがたくさんあって彼女たちと別れがたい。

とうとう山里の最後の客になり、自分のホテルにタクシーで戻ったのは12時近くになってしまった。


エキサイティングな毎日だけれども、翌日も朝から取材が入っていて早く出てしまうので、ほとんど部屋で過ごす時間がないのがちょっと残念。


そのあと少し自由時間があるので、帰る前にせめて国立美術館にフェルメールだけでも見に行きたいと思っている。




司馬遼太郎氏の「オランダ紀行」には、ホテルオークラの「出島という日本料理のコーナー」とありましたので、和食レストランと思いましたが、この記事を読まれた方からご指摘があり、「出島」は日本食レストランでなくバーだったそうです。どうもありがとうございました。







☆フレグランススクール☆

パルファンサトリ サロン.jpg
・調香体験講座
「バラの香りを作る」2月11日(土)13:30~
お申し込みはこちら➤お問い合わせ

・2017
4月スタートのパルファンサトリフレグランススクール「フレグランスデザイン」講座の受講申し込み受付中です。


・香水ソムリエ®講座、20174月スタートの「ジュニア香水ソムリエ」講座の受講申し込み受付中です
※香水ソムリエは4月のみのスタートです。


・受講予定の方はどうぞお早めにお申し込みください。

スクール関連ブログ記事や、スクールページも合わせてご覧ください。

スクールブログ記事
http://parfum-satori.com/blog/cat235/

スクールトップ
http://parfum-satori.com/jp/school/

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.