パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

花とにおい 朝顔 ヒマワリ チューリップ Ipomoea nil

20160813朝顔.jpg

すっきりとして飾りがなく、冴えた藍色が大変美しい朝顔の花。


夏休みの宿題といえば「朝顔の栽培記録」、というほど小さいころからなじんだ花だ。

アサガオにしても、ひまわりにしろチューリップにしろ、シンプルな形と特徴が子供でも絵に書きやすい。

そのため、なんだか幼すぎる気がして、いっときは魅力を感じなくなった時もあったが、今ではそのわかりやすさが、明るさをもって胸に響いてくる。

朝顔には匂いがない。
匂いがない花は多い。

しかし、それは人間にとって感じないということで、植物が交配のために出す香りは、ターゲットとする昆虫や他の生き物には感じられるというらしい。

本来、花が咲いていることも、花の香りも、人の為にあるわけではない。


20160822ひまわり2.jpg

このひまわりは、茎のみずみずしさが滴(したた)るようなグリーンの、菊に似た匂いがする。
ヒマワリはキク科なので当たり前か。。。
菊は昔から祭壇に飾られ、お浸しにして食べたりもしていたので、日本人にはなじみのある匂いではないかと思う。



植物の容姿を様々に変える工夫はあれど、香りを良くするための交配というのは、それに比べてあまり盛んではない。

多くの人は目に見えるものへの評価は熱心であるが、風韻というものを理解する人が少ないように、香りにはあまり注意を払わなかったのだろう。





チューリップもないと思っていたが、ごくわずかではあるが、最近では香りに注目した品種もあるという。
バラ園に行った時も、名札の下に「芳香性」と但し書きが書き加えられたりしているのを見た。
ようやく花も香りで評価される時代になったのだろうか。

香りの文化も、このように身近なところから充実していくのがいいと思う。



キンモクセイの香り☆オードパルファン「SONNET(ソネット)」

トップはマンダリンのシトラスと、クラリセージのティーノートから爽やかに始まります。そして甘い桃のようなオスマンサス(キンモクセイ)の香りは、やわらかいフローラルの広がりに、やがて、木の暖かいラストノートへと移ろっていきます。



Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.