パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

水晶文旦(すいしょうぶんたん) Citrus maxima

20161021水晶文旦1.jpg

前回の記事の続きであるが、六本木一丁目駅であの青い有機レモンを買ったあと、お店をいったんは出たものの、目の隅にはいっていた、隣の大きな柑橘が気になってまた引き返した。

水晶文旦(すいしょうぶんたん)と書いてある。
初めて聞く名前だ。


文旦(ぶんたん)と聞けば、子供の頃のおやつ「ボンタンアメ」を思い出す。
紺色の地に黄色い果実の絵が書いてあり、中はキャラメルのような形と触感。

ちっともシトラスっぽくなかったけどな。
むしろ、あのオブラートの味が今では懐かしい。


さてお店の人にこの大きな柑橘の由来を聞くと、高知県安芸市の、佐古農園のものだという。

作り手がわかると、安心感がある。
ひとつ買い求める。


20161021水晶文旦4.jpg

翌日、アトリエに持ってきてスタッフのみんなで試食してみた。


レモンと比べてみると、その大きさがわかる。
水晶文旦はかなり大きい。

20161021水晶文旦3.jpg

ナイフを入れると香りがはじける。

外の皮はとても厚い。
しかし、房の中の砂じょう(子袋の中の粒々)はみずみずしく繊細な感じ。


みため、グレープフルーツのようだが、
香りはグリーン感と酸味が強く、皮にはほんのちょっとユズやサンショのようなスパイシーな感じもある。

20161021水晶文旦2.jpg

スタッフのK君にお願いしてむいてもらう。
房に分けて、とりあえずワイルドにお皿にのせてみた。

白いフワフワの皮は苦いので丁寧に取り除かなければならない。



20161021水晶文旦.jpg

香りから、食べたらすっぱいのかな~と思って口にすると、酸味はほとんどなく、かといって甘すぎると言う事もない。

どちらかというとさっぱりと清々しい味で、
「水晶」という命名が理解できる。


大きな柑橘は砂じょうが大味で、パサパサのイメージがあったが、水晶文旦はとてもジューシー。

「すごくおいしい・・・史上2番目においしい柑橘だと思いました」
とはK君の談。
聞きそびれたが、1番目はなんだったのだろう?


柑橘王国にっぽん、その種類は豊富だ。






【お知らせ】

★サンプルのお申込みはこちら➤サンプルプレゼント (10月末まで)


★ハナヒラクのメイキングストーリーはこちら

そしてもうこのまま起きられないのではという怖れと、しかしもうすぐ目覚めるに違いないという予感が、
対立してせめぎあい、拮抗(きっこう)が破れて、涙になる。


咲き初めと、花の終わりの香りは違っている。始めはメロンや熟れたベリーのにおいがする。
そして少しサリチル酸のようなクールな匂い、してハーバルで力強い辛い香りもある。

そして咲き初めの花のフルーティな香り、咲き終わりのラクトニックな香りが混ざり合って、樹を中心とした香りのドームが出来上がる。時折、初夏の風がひと群れの香りをさらって、遠くの人々へ運ぶのだ。


香りを作るときに、イメージが先ですか?名前?それとも香料から決めていくのですか?
そう聞かれることがよくある。

ハナヒラクでも使われているマグノリアオイル。
上の写真は銀厚朴(ギンコウボク/Michelia ×alba )といい、マグノリアオイルはこの花から得られる。


ハナヒラク、Hana Hiraku,処方と香料absolute&essカモミールブルー
ハナヒラクのドライ感を出しているのはカモミールブルー。カモミールは白い小さなキク科の植物で、カモミールブルーと呼ばれるのはなぜ?


チューベローズは肉食系の香りだ。チュベローズと口ずさめば、名前の音の響きは可愛らしく、白く可憐な姿からは、清らかな乙女を想像しそうだ。 

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.