パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

金柑(きんかん)Fortunella Kumquat

20160110金柑.jpg

 
まるまると太って、立派な金柑(キンカン)。
 
昔から、庭木としてよく見ることはあった。
それに、もいで皮ごと(または皮のみ)食べられることも知っていた。
知っていたが、なんとなく敬遠して、今まで生で食べたことがなかったのだが。
 
さいころから生のキンカンを食べていた人によると、
「金柑の皮の香りは、他の柑橘とは違う」
と聞いたので、調べたところ特徴的な香りはゲラニアセテートと書かれている。
 
たまたま年末に近くのデパ地下で、とても大きな金柑を見つけたので買って食べてみた。

皮は柔らかくて食べやすく、とても甘い。
マーマレードから苦(にが)みを無くした味、というのだろうか。
 
香りはレモンのようなフレッシュな酸味はなく、むしろ柔らかく、みかんに近いが、もう少し繊細な感じ。
 
想像していたよりもずっと食べやすい。
 
20160110金柑2.jpg
 
昨年の「パルファンサトリ フレグランスデザインコンテスト」のお題は「柑橘(かんきつ)」。
 
おりしもクリスマスにグランプリの発表をしたところだったので、
居合わせた生徒やスタッフのみんなにも、
キンカンを食べて、他の柑橘(かんきつ)と、どこがどう違うか比べてみてね」
と勧めてみた。
 
 
昔から好きで食べている、という人によれば、
「庭のキンカンはもっとすっぱくて、これはとっても甘い。立派すぎて、ちがう~。」
 
ということなので、果物屋さんに並べられるよう、手をかけて美味しく育てたのだろう。
九州鹿児島の完熟金柑、入来(いりき)のものと書いてある。
 
 
柑橘王国日本の、和柑橘。
多品種の柑橘類を味わえるのは楽しい。
 
(もとは)中国の原産ではあるけれど、最初の学名は、Citrus japonicaと言われたものだもの。
 
 

次はどこかで、庭のすっぱい金柑も食べてみたい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

=

 
➤抹茶の香り Hyouge ひょうげ
ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。
 
 
 
 
 
☆オンラインの発送は今日からしております。
 
☆ショップは1月6日水曜日からです。 エントランスのインターホンで1108を押して、エレベーターにてお越しください。
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.