パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

サザンカ 山茶花 Camellia sasanqua

171201サザンカ.jpg


夜道につづく常緑の生け垣は、暗い葉の海。

山茶花(さざんか)の花が、白い波頭のように次々と、ぼんやりと浮かんでいる。思い思いの、いくつもの表情で。かたくななつぼみ、横顔、または蕊(しべ)もあらわに。

足を止め、その頤(おとがい)に手をかけて、一輪の香りを吸う。闇の中でいっそう密やかに匂う、その香りはオリエンタルグリーン、ほろ苦さのあるお茶の香り。

ツバキの美しさに険(けん)があるとすれば、サザンカは野趣の残る花。
しどけなく散る姿は、若く潔癖な時にはわからない情味がある。

冬が来て、またひとつ、わたしは年を経る。






Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.