パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

サンプルムエットの遊び方

ムエット,日記,試香紙,香りの日記,

サンプルムエットの遊び方

ご自宅で過ごされる時間が増え、むしろ忙しく感じる毎日を、香りの力でリラックスして頂けたらと、3月末から、パルファンサトリのサンプル ムエットの送付を再開しました。

 

いまでも毎日たくさんの方からご希望を頂いて、反響の大きさに驚くとともに、少しでもお役に立てることをとても幸せに思っております。

 

 

サンプルムエットは、どんなふうに楽しんでいただいても自由なのですが、いくつかこれはと思うものをご紹介します。

 

もちろん、透明な袋から出して香りを嗅いで、深呼吸。心地よい気分になって頂けたら嬉しいです。また袋に戻せば、香りは少し長持ちします。

 

本の間に挟んで香りの栞(しおり)にしたり、クローゼットに入れて移り香を楽しんだり、バッグに入れて頂いても、開けるたびにふんわり香ります。

 

私は日記の間に挟みました。

この白いノートは、毎日は書かないのですが、開くといい香りがしてペンが進みます。

 

 ムエット,日記,試香紙,香りの日記,

 

この送付を始める前に、ムエットがお客様に届くまでの時間を考えて、紙への付香方法などを何パターンかテストしてみました。

 

・紙にどのくらいの量を浸み込ませたらよいか?

・1枚当たりそれは何プッシュする?

・その香料濃度は?

・どのくらい匂いが残っているか?

 

スタッフみんなで持ち帰って、意見を聞いたりしながら、試行錯誤して決まったものです。(結果は最後に)

 

その試作品のうち、いくつかが私のベッドサイドにも置いてあります。寝るまえに本を読んだりしていると、時折ふわーふわーと香ってきます。

 

ほのかに香る複数の匂いがからみあい、もつれあう。

ときどきはハナヒラクだったり、ヒョウゲだったり、サクラだったり。それらが一緒になった別の新しい香りに感じたり。。。

 

香るたびに、意識が本から離れて、ハナヒラクの朴の花の姿や、ジャスミンカモミールといった香料素材のことや、作った時代の身の回りに起きたことなどを思い出します。

 

いつのまにか眠っている間にもきっと香りは漂っていて、夢の中を彩ってくれるのかな、、、なんて思ってみたりしています。

 

 

 

f:id:parfum-satori:20200402174050j:plain

 

☆テストの結果は・・・・。 

・紙にどのくらいの量を浸み込ませたらよいか?

  ⇒約0.3mlが最適

・1枚当たりそれは何プッシュする?

  ⇒裏表で10プッシュ。

・その香料濃度は?

  ⇒やはりオードパルファン濃度がきれいに香る。濃いと持ちは良いが香りにまろやかさがない

・どのくらい匂いが残っているか?

  ⇒袋に入れたままであれば数日かそれ以上

 

他に、チェックは鉛筆でするとにじまなくてよいなど、細々したことも気が付くたびに改良しています!

 

※作成の折はマスクをし、手指も消毒して行っています。

 

parfum-satori.com

 

ヒョウゲ  /パルファンサトリ香水のご紹介  

parfum-satori.com

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.