パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ハクモクレン撮りかねて、思わずたたむ赤い傘。

20170315雨.jpg

今日は冷たい雨が降っている。
三寒四温」の三寒の方、こんな日の新宿御苑は人がすくない。

池のほとりにはだれもおらず、次々とちいさな輪が広がっては消える様子を、ひとり飽かず眺めている。



「するべき」「せねばならない」「やめるべき」「してはならない」

自分の言葉が、忙しい心に落ちるのを、この波紋が身代わりになって消してくれる。いつまでもここから去り難いのに、やがて雨は小やみになる。


「人ひとりでできることなんか、たかがしれてる。」

そうひとりごちて、水辺を離れ歩き始める。また、細かい雨がしっとりと降ってくる。


20170315ハクモクレン4.jpg



ハクモクレンは、祈りである。
白い小鳥が、枝に羽を休め、一斉に羽ばたくのである。


20170315赤い傘.jpg


大きな木を見上げてカメラを構えれば、肩に挟んだ傘の柄が邪魔になる。
ふと横をみれば、同じように傘を持て余してる人がいる。


ハクモクレン仰いでみれば撮りかねて思わずたたむ赤い傘。」







Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.