パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

冬の朝

130105結氷.jpg

冬の寒い朝
ぬくぬくした布団から離れがたく、母親が怒り出すまで這い出ることができなかった、小学生の頃。

大人になって、冷たい池のほとりを好んで見に行くようになるなんて、想像もできなかったな。

頬がピリピリして、芯まで冷えた空気が鼻の奥に入りこんでくる。



130104ガマ2.jpg

木の葉が役目を終えて、森が眠りについたあと。
人のいない冬枯れの新宿御苑で、乾いたガマの穂綿(ほわた)を、風が雪のようにまき散らす。


そこには確かに春があって、夏もあったのだ。


111210サギ.jpg



5年前の冬に新宿御苑で撮ったこのコサギの写真は好きな一枚。

片足で立つ姿は、もう一方の冷たいつま先を引っ込めて、すくんでいるようにも、これから一歩を踏み出そうとするようにも見える。


いつ、歩き始めるのか?
と、思っていたらいきなり飛び立って、のけぞったりする。





【年末年始の営業のお知らせ】
パルファンサトリは
1228日から13日までお休みさせて頂きます。

お休み中もオンラインでの受注可能、新年14日から順次発送致します。

どうぞよろしくお願い致します。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.