パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

沈丁花(じんちょうげ)

120126沈丁花.jpg

L子ちゃんにお花を買いにいってもらったら、お花屋さんがおまけに沈丁花の一枝をつけてくれた。

もう沈丁花・・・?
露地(外のこと)では3月の初めころに咲くのが普通なのに。

『温室かしら?』こんど行ったら聞いてみよう。

花を買うというのもただ買えばよいというものではない。
お部屋には5か所も活けるところがあるから、その場所と花器に合うものを組み合わせて選ぶ。
季節感も大切な要素である。

「もう、春の花になりましたね。」
「春は球根類が多くて華やかだから」

いつもそんなやりとりをしながら、今日はどの花にするかお花屋さんと話しながら決める。
だから好みも知っているので安心だ。

L子ちゃんはお花が大好き。
お花屋さんでいろいろ質問してくるようだ。
そして、最近は活けてもらうことも多い。

そんな風に実践で覚えたことが一番身についていいと思う。

固いつぼみは室内でひとつ、またひとつと開いていく。
香りはまだ少し弱いけれど、寒い寒いこの時期、ほんのり春の匂いが暖めてくれた。

➤関連記事 2010/2/12 沈丁花 ダフネ

➤関連記事 2011/2/27 春一番の沈丁花

パルファンサトリの香りを少しづつお試し戴けます。女性向きの優しい香りA、男性にお勧めのさわやかなB「10本レフィル」香りのマナーブック付き。3150円送料無料 

➤ご希望の方には、きれいにギフトラッピングしてお届けします。
お申し込みのときにお書き添えください。


Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.