パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

今日のお花 菊と赤い実 Ikebana

101023今日のお花.jpg

今日のお花は、菊が3種類と白いりんどう、赤い実のカンボク。

 

いつもの代々木のお花屋さんで、とても不思議な色の菊を発見。

この写真では色がいまひとつ分からないが、つぼみの時は、花弁の外側が肌色というか、ミルクティー色をしていて、ちょっと枯れた感じ。

花びらの内側が臙脂(えんじ)っぽいので、咲くにつれ2色のコンビが襲ね(かさね)の色目のように見える。

色合わせが難しいかしらと思ったが、中の色と似た濃い一重の菊があったのでそれと合わせた。

 

白いりんどうは背が高いので二つに分けて。
分けた途中の蕾を落とさなくてはならないので、それは小さな花瓶に別にさす。

赤い実はカンボク。春先はヤマデマリに似た白い花を咲かせる。
秋の実は美しいが、葉の水揚げが悪いので、すぐに茶色くなってしまう。
代わりに、手のひらのような、ラズベリーの葉を合わせて活けた。

最後に、鄙びた黄色の野菊を少し入れて。

 

いつも3か所位に活けれるほどの花を買い、まずはこの古い釣瓶に合わせて活ける。
ある程度想像して買ってくるのだが、置いてみるまで花の取り合わせは決まらない。
残りをウインドウなどへ、一種か二種あっさりと活ける。

 

 

とりたてて、気負って花を生けるわけでなく、サロン全体の雰囲気と調和のとれるよう、きれいだなと思うように、楽しみながら飾っている。

  

101023今日のお花 小菊.jpg

 

▶パルファンサトリ 日本のクオリティ・オブ・ライフを香りに託し海外へ発信

 

 

▶ 香水の豆知識・ミニブックがついています
パルファンサトリ・コレクション 10本レフィル ¥3150

 

 

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.