パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

エニシダ 香料 ジュネ Genet

20180405エニシダ1.jpg

エニシダ、ジュネ、ブルームとも言う。

朝、アトリエの階段を上がると、リナロールや、ローズPとかゲラニオールと言ったさわやかなフローラルグリーンの香りに迎えられる。

数日前にエニシダの鉢を買ってきて、2階の踊場(おどりば)の玄関前に飾っていたものが、朝日を浴びて香りを拡散しているものと思われる。


20180405エニシダ4.jpg

人が出入りして、お昼前にはあたりの香りは散ってしまうけれど、鼻を近づけると花からは甘いハニーグリーンの匂いがする。可愛い。


エニシダは、漢字では金雀枝とあてる。そういえば、「ムレスズメ」という同じマメ科の植物もあって、エニシダと似ている。色は違うけれど、同じマメ科のフジの花もハギもスイートピーも、花の形はみな蝶々の形をしている。


英名ではBroomという。枝葉が「ほうき」の形をしている。この枝で作ったほうきに、魔女が夜中に乗って飛ぶらしい。



20180406ジュネ香料2.jpg

エニシダ(ジュネ)の香料の写真。Genet Abs.。

干草(ほしくさ)のような甘さ、タバコのようなレザーと、ハニー、アニマル、豆のモサモサした感じがある。
私の印象では、アブソリュードにはもっさりしたウッディ感があり、ミモザやナルシス、オスマンサスのアブソリュードにも共通のニュアンスがあると思う。

空気中に揮散している香りと、香料になったとき、それもエッセンスとアブソリュードでは香りはかなり違う。

また、香料がピュアな状態と、10%、1%に希釈したときでも変わってくるものである。





20180405エニシダ3.jpg

いつもの六本木の花店「バードガーデン」にて、アトリエの切花を買うときにみつけ、予定外に購入したもの。

上手に育てると夏前まで花が続くという。エニシダは丈夫な植物らしい。



玄関前がとても明るくなったと思う。






ムレスズメの記事→ 君の名は? ムレスズメ









アトリエ・ショップのご案内→http://parfum-satori.com/jp/salon/

六本木のアトリエ・ショップでは、パルファンサトリの全コレクションを取り揃えており、商品の販売もしております。ゆっくりと香りをお試し頂きながら、専門知識の豊富なスタッフが、お客様にお似合いの香水選びのお手伝いをさせて頂きます。皆さまのお越しをお待ちしております。

 ※ショップでは各種カードのご利用が可能です。




Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.