パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ミモザ と銀葉アカシア Acacia baileyana

20180310ミモザ1.jpg

おととい、ミモザの小さい花束を頂いた。明るい黄色のそのかわいらしさにほっこりする。お部屋に春がやってきた。

そのときはうっかりしていたのだが、3月8日はミモザの日。FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ)という。だまって下さったのだが、謎かけだったのかな?とか思っている。



今日は教室で、その花を見て生徒のひとりと「ミモザがいつ咲くか」という話になった。

「桜と同じじゃないかしら。いくらなんでも早すぎる気がするけど、どこに咲いていたミモザかな~」
「ほんのり匂いがしますね」

毎年繰り返すことなのだが、ミモザの開花はいつも予想外の早さにびっくりする。去年も、おととしも、この時期のブログを読むと、なんと、ほぼ同じようなことを書いているのであった。


20180310ミモザ3.jpg


とはいえ、これはミモザでも、「銀葉アカシア(Acacia baileyana)」。ミモザの香料はこの「銀葉アカシア」からは採れない。


なんかとてもややこしいことになっているので、毎年自分の過去のブログを読んで記憶の整理をしているのだが。。。というフレーズもまったく同じ。


本来は、オジギソウ(Acacia decurrense )をミモザというらしい。そしてミモザの木(Mimosa tree)といったら、ピンクの花のネムの木を指すそうだ。どれも、マメ科植物ではあるのだが、見た目は違う。


下はピンクのネムの木の花。この細い花びらを短く刈り込んで、黄色く染めて、丸くボール状にすれば黄色いミモザに似ていると言えなくもないが。

20110909ネム2.jpg


ややこしいことに、エニシダという黄色い蝶々の様な花も、ニセアカシアというので、なんだかこんがらがってしまう。(※のちにハリエンジュのことをニセアカシアということがわかった)
香料の世界では、エニシダはジュネという。アニマリックな香りだ。

あー、今だに混乱して、頭を掻きむしりそう(;'∀')



まとめ

ミモザというと→ピンクのオジギソウのこと/マメ科 オジギソウ属  学名: Acacia decurrense
ミモザの木というと→ピンクのネムノキ(合歓木)のこと/マメ科 ネムノキ亜科 学名:Albizia julibrissin

フサアカシアというと→葉がふさふさした黄色いミモザネムノキ科(マメ科)  アカシア属  学名:Acacia dealbata

▶ギンヨウアカシアはこの下の写真→ ネムノキ科(マメ科)/アカシア属 学名:Acacia baileyana


20180310ミモザ2.jpg
 
冒頭、謎かけかな~とは言ったものの、ミモザの日は国連の定めた「国際女性デー」というもので、特別に色気のある話ではない。




こちらの記事も参考にしてください↓













プチトリアノン(Petit Trianon)

フランス、ヴェルサイユ宮殿離宮、プチトリアノンは情趣あふれる田園風景を愛した王妃マリー・アントワネットがもっとも幸せに時を過ごした場所といわれています。

18世紀のフランス宮廷御用達調香師、ジャン・ルイ・ファージョンが素顔の王妃に捧げた香りをイメージし、また偉大な調香師自身へのオマージュとして、パルファン サトリの"プチトリアノン"が誕生しました。


おそらく彼のアトリエには、たくさんの香料と花々の香りが満ちあふれ、彼の髪や衣服からは、夢見るような香りが漂っていたことでしょう。
極めて優雅な時代に、真実の美を追求した人へのあこがれを、この香りにこめました。やわらかな花々の間に、凛とした横顔が感じられます。

シトラス(柑橘)とヒヤシンスグリーンのフレッシュなトップノートから始まり、ミドルノートにはローズやジャスミンすずらんをはじめとする、当時 の宮廷で好まれたさまざまな花の香りを取りあわせました。白いブーケの清潔な香りは、暖かなサンダルウッドとムスクに変化していきます

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.