パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

今日のお花 サンシュユ(山茱萸)と蘭  Cornus officinalis Cornus

150315サンシュユ3.jpg


茱萸,さんしゅゆは,「はるこがねばな」ともいうらしい。ひとつずつは地味な花であるが、まだ緑も少ない野にふんわりと明るい黄色が花開くと、いよいよの春に心が弾む。


この時期は春の華やかな切花も多いけれど、むしろ枝ものの花に魅(ひ)かれる。


2018030サンシュ.jpg


背が高いので枝の流れを生かして、サンシュユモカラを2種挿してみた。


20180306モケラ.jpg

蘭はというのは世界に15000種類もあるのでひとくくりにはできないが、洋ランについていえば、一輪ずつをよく見ると、滑稽(こっけい)だったりグロテスクだったりもする。玄関の壺に刺したモカラが一輪落ちていて、スタッフの一人が「エイリアンみたい」とぎょっとしたそうだ。


モカラはエキゾチックな雰囲気がある。

黄色や紫など濃く強い色が多く、取り合わせによっては野暮ったくもなったりするが、バンダなどと一緒に、強い色同士を組み合わせて大人っぽいブーケにするのも好き。

意外に和の花とも合うと思う。








●スクール情報

☆2018年4月スタートの香水ソムリエ®講座 フレグランスデザイン講座

お申込は2018年3月16日までにお願いします。

 



パルファン サトリ フレグランススクールには、
香りを創るフレグランスデザイン講座
香りを評価・表現して活かすソムリエ講座の2種類の講座があります。


130313香水ソムリエ.jpg


 パルファン サトリ「フレグランススクール」 

➤ 「フレグランススクール」に関連するブログ

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.