パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

オランダ便り4 フォンデルパーク Vondelpark Amsterdam

170610ams_park1.jpg

ここ、フォンデルパーク(Vibdekpark)は、アムステルダム最大で、最も有名な市立公園。

私が滞在したフラットからは徒歩3分、アムステルダム国立美術館からもすぐ近く。入り口を入ってすぐ前の大きな噴水を目印に、「ここへ帰ってくればわかるよね~」などと横目にみながらぐるっと周囲をまわることにした。


170610ams_park2.jpg

何度もしつこいようなのだけど、フォンデルパークはオランダにおける私の新宿公園のような場所に違いない!

と思ってワクワクして来たのだけど...。
行けども行けども、緑と水がたっぷりとした景観で、とにかく広い。

ここは確かに公園だけど、むしろ自然の田園的な感じである。1時間歩いても、ほんのちょっぴりしか踏破してないのではなかろうか。

新宿御苑も広いと思ってたけど、多彩に富んでコンパクトにまとまっている。日本庭園あり、イギリス式、フランス式、里山など、うまく組み合わされてまるで「幕の内弁当」みたい。


170610フォンデルパーク4.jpg

芝生に腰を下ろしてちょっと休憩。今日のおやつは、家で炊いたおにぎりと、メロンとオレンジジュース。

このメロンは、フラットの近くの果物屋さんで買った。オランダでもカットフルーツがあるとは思わなかった。甘くてとってもジューシー。


芝生の間から顔を出しているのは、白い小さな菊。カモミールではない。パリでもカンヌでもよく生えている、ありふれた雑草だけど、可愛い。


みんなゴロゴロしているので、私もリラックス。

170613フォンデルパーク1.jpg

『うわー、シャボン玉だ。゜○。。。』
なんて振り返り振り返り、眺めているうちに奥へと入り込み・・・。



170610フォンデルパーク2.jpg

緑の中にかかる美しい橋。橋の上から流れをみているときは余裕だったのだが、
池や川がたくさんあるので、歩くほどに場所がだんだんわからなくなってくる。


20170610フォンデルパーク3.jpg

なんか、さっきもここに来たような気がするが・・・。6時が待ち合わせなので、そろそろ帰ろうと思ったのに方向感覚を失って焦る。



170610ams_park5.jpg


公園の案内所にいたのは老夫婦。珍しくあんまり英語わからないみたいだし、私も焦っているので、

「あのー、わたし迷子なんです」
「どこに行きたいの?」
「お家へ帰りたい」

と、まるで幼稚園児のような会話になってしまう。

一応、地図上の自分の場所を指し示してもらい、なんとなくわかった気がして出口へ向かうも。。。


170610ams_park3.jpg


公園の出入口は全部で8つ。

中をうろうろしているうちに道に迷い、どのゲートから入ったのかわからなくなってしまう。ちょっと出ては外の景色を見て、違えば戻り、道に沿って順番に出てみては、と繰り返しているうちに、ようやく見覚えのある噴水が!!


20170610フォンデルパーク2.jpg

わーよかった!4つ目でようやく元のゲートに戻ることができた。

やれやれ、この広さ、甘かったわあ。。






☆select Parfum Satori fragrances are now available in Europe at Amsterdam's 
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.